犬・ドッグトレーニング資格人気ランキング

犬

タイトル:犬・ドッグトレーニング資格人気ランキング

家庭で飼うペットはかわいいものですが、しっかりとしたしつけが必要です。
この記事では、犬・ドッグトレーニング資格について、人気の資格をご紹介します。

1位 ドッグトレーニングアドバイザー

ドッグトレーニングアドバイザーは、日本生活環境支援協会(JLESA)が主催する試験に合格することで認定される資格です。JLESAは、日常生活で必要となるさまざまな技術について基準を定め、その基準を超えていることを認定する団体です。ドッグトレーニングアドバイザー以外にも、住まいアドバイザー、収納マスター、和菓子文化コーディネーターなどの認定をしています。

ドッグトレーニングアドバイザー認定試験には、受験資格が特にありません。受験申し込みはインターネットから可能で、自宅受験できます。受験料は10000円です。お手、おすわり、伏せ、待てなど基本的なしつけについてはもちろん、散歩の連れて行き方、トイレの教え方、チャイムが鳴った時の対応の仕方、お客さんへの対応の仕方など、比較的高度なトレーニング方法についても試験で問われます。

ドッグトレーニングアドバイザー資格を持っている人は、家庭犬のしつけ、トレーニングについて、しっかりとした知識を持っていることが証明されます。このため、資格取得後は、ドッグトレーニングアドバイザーとして活躍でき、自宅やカルチャースクールなどで講師活動ができます。

ドッグトレーニングアドバイザー資格を活かして、あなたと愛犬と、社会で暮らす犬たちのために、ぜひ知識を深め、友人や知人に広めてください。

2位 犬のしつけインストラクター

犬のしつけインストラクターは、日本インストラクター協会(JIA)が主催する試験に合格することで認定される資格です。JIAは、教えるという技術の基準を定めその基準を超えていることを認定する団体です。犬のしつけインストラクター以外にも、健康リフレクソロジーインストラクター、筋トレインストラクター、タロットカード占いインストラクターなどの認定をしています。

犬のしつけインストラクター認定試験には、受験資格が特にありません。受験申し込みはインターネットから可能で、自宅受験できます。受験料は10000円です。7割以上の正解が合格基準となっています。

基本的なしつけの方法についてはもちろん、犬種や性格によるしつけの違い、やってはいけないことをどのように教えるかなどについて、試験で問われます。やってはいけないこととは、例えば、立入禁止エリアに入ったり、食糞したり、急激に飛びついたりすることで、実践的な知識です。また、年老いた犬の管理方法、たくさんの犬を一緒に管理する方法など、比較的高度なスキルについても、問われます。

犬のしつけインストラクター資格を持っている人は、しつけの方法、犬との過ごし方、犬の管理方法などについて、しっかりとした知識を持っていることが証明されます。このため、資格取得後は、講演会で講師をつとめたり、犬のしつけ教室の開催をすることができます。

3位 家庭犬ドッグトレーナー

家庭犬ドッグトレーナーは、国際家庭犬トレーニング協会が認定する資格です。

ペットとして一般家庭で飼われている犬を対象に、飼育やしつけについて相談を受け、問題解決の指導・助言ができることを目指します。全部で、家庭犬トレーナー1・2級、家庭犬トレーナー・アドミニストレーター、家庭犬トレーナー・スーパーバイザーの4種類の資格があり、経験と知識に応じてステップアップできます。

家庭犬トレーナーの道は家庭犬トレーナー2級からはじまります。通信講座を受講するとともに、セミナーへの参加、課題の提出を終え、筆記と実技の検定試験に合格すると、家庭犬トレーナー2級を取得できます。

家庭犬トレーナー2級を取得し、ドッグトレーナーとして2年以上の実務を経験するとともに、国際家庭犬トレーニング協会指定のカリキュラムを修了すると、1級の認定試験を受験することができます。

4位 JCSA認定「ドッグトリマー」

JCSA認定「ドッグトリマー」は、JCSAが指定するドッグトリマー養成専門講座を修了し、認定試験に合格すると認定される資格です。A級、B級、C級が用意されており、ドッグトリマーとしてステップアップすることができます。

ドッグトリマー養成専門講座は通信教育で、ドッグトリマーに関する知識と技術を5か月学びます。講座修了後、認定試験を自宅受験し合格するとマスターライセンスが付与されます。この後、実技スクリーニングに参加し、ライセンス試験に合格すると、ドッグトリマー資格が取得できます。実技スクリーニングは、C級で24時間、B級で48、A級で60時間受講することが求められます。

いずれの級でもドッグトリマー資格を取得すると、ペットショップで必要となる動物取扱責任者登録が可能になります。

5位 JCSA認定「ドッグトレーナー」

JCSA認定「ドッグトレーナー」は、CSAが指定するドッグトレーナー養成専門講座を修了し、認定試験に合格すると認定される資格です。A級、B級、C級が用意されており、ドッグトレーナーとしてステップアップすることができます。

ドッグトレーナー養成専門講座は通信教育で、ドッグトレーナーに関する知識と技術を5か月学びます。講座修了後、認定試験を自宅受験し合格するとマスターライセンスが付与されます。この後、実技スクリーニングに参加し、ライセンス試験に合格すると、ドッグトレーナー資格が取得できます。実技スクリーニングは、C級で24時間、B級で48、A級で60時間受講することが求められます。

ドッグトレーニング
ドッグトレーニング

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

犬

犬が散歩で引っ張り癖のしつけ方法とチワワやトイプードルなど小型犬の噛み癖を直す方...

犬に室内でしかトイレをしない!外でトイレをさせたい時のしつけ

犬のしつけ方法

散歩中に吠える犬のしつけ方

犬のしつけ方

犬のしつけは首輪で解決?様々な首輪の使い方

トイレシートを食べる犬の問題行動の直し方

成犬のトイレのしつけ方法

成犬のトイレの効果的なしつけ方法11選