犬のしつけ 叩く事のメリットとデメリット

犬

叩く事のメリット

ここでいう「叩く」は恐怖を与える程の強さで叩く事や、痛みを与える事が目的の「叩く」ではありません。人の行動に例えて言うなら、ちょっとしたいたずらをされた時などにする「でこピン」のような物をイメージしてください。
そこを大前提にして、叩く事のメリットを2つ紹介します。

・飼い主のほうに意識が集中する
⇒周りに他に犬や知らない人が居ると、どうしても気が散ってしまう犬がいます。そんな犬をこちらに集中する時には効果的です。

・いけない事を意識させる
⇒子犬の頃には、飼い主さんからの禁止の指示をまだ理解出来ていません。好奇心旺盛の子犬は、時には危ない事もしてしまいます。そんな時には言葉での注意よりも効果があります。

叩く事のデメリット

叩く事でのメリットがあるように、デメリットも勿論あります。デメリットを3つ程紹介していきます。

・叩くタイミングが難しい
⇒しつけで叩く行為をする時は、禁止の事項を教える時だと思いますが、これはタイミングが本当に難しいです。
例えば外出先で知らない人に向かって犬が吠えたとします。飼い主さんはまず相手に一言謝ってから犬を叱る流れだと思うのですが、これではもう叱るタイミングはずれています。
犬を叱る時や注意する時は、犬がその行為をしたらその瞬間にしなければ効果がありません。そこに叩く行為をプラスするのであればなおさらです。
このタイミングがずれてしまうと、犬は何故叩かれたのか意味が分からず、飼い主さんに不信感を持つようになってしまいます。

・恐怖心から攻撃的なる
⇒叱るタイミングのずれに気が付かず、そのまま叱る行為を続けていくと、犬は飼い主さんにどんどん不信感を募らせ、叩かれる事の恐怖から自分の身を守ろうとします。
最悪の結果、自己防衛の為に飼い主さんに攻撃的な行動を示すようになってしまいます。しつけをするどころか、逆効果をうんでしまいます。

最適なしつけ方法とは

犬のしつけをしている最中や日々の生活の中では、飼い主さんにも感情がありますのでついお尻を叩いてしまう事もあると思います。
それが絶対にいけない事だとは、一概には言えません。時には叩く事も必要な時が必ずあるとは思います。それは人も犬も同じです。
違いがあるとすれば、犬は人の言葉を理解できない事です。人の子どもでしたら、叩いた後に何故叩いたのか、何がいけなかったのかを親に説明され、自分の間違った行為を納得すると共に叩かれた事も納得して消化する事ができます。
犬の場合はそうはいきません。
叱る時には絶妙なタイミングで叱らないと、意味もなく叱られた、意味もなく叩かれたという思いだけが残ってしまいます。

しつけの仕方には様々の方法があります。叩く事は絶対にダメとしている人も勿論います。その様々な方法の中から、自分の生活や自分の犬に合った方法を見付けだし、それを実行していくのはとても難しい事ですし、実際に試してみなければ分からない事もあります。
やはり、何をするにしても、犬と飼い主さんとの主従関係がきちんと成立していさえすれば、しつけもさほど苦労なくスムーズに進むのではないかと思います。
まず教えるのは、誰がリーダーであるのかという事ではないかと思います。

ドッグトレーニング
ドッグトレーニング

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

犬の食事の順番のしつけ

犬のしつけを英語でするメリット

犬の外でのトイレのしつけ

犬のしつけの困った!「トイレシートを食べる」

犬を叩くしつけは間違い

犬に「おかわり」を教える時の英語

犬の噛み癖のしつけ

成犬が噛むのを止めさせる効果的なしつけ方法5選

犬のしつけの唸り方

引っ張る・吠える・唸る癖のある犬のしつけ方・改善のための2つのポイント

英語で犬のしつけ方

英語で教える犬のしつけ。「おかわり」の教え方