犬には首輪とハーネスどちらがいいの?

首輪

多くの犬が利用しているのが首輪の方ではないでしょうか?最近では材質も様々あり、お洒落を意識したような首輪も多く販売されています。
引っ張り癖のある犬には、首輪をつけてしつける方が効果があると言われています。ハーネスでは犬がどんなに強く引っ張ったとしても負担がかかるのは飼い主さんのみで、犬は苦しくないからです。その為、ハーネスで矯正のしつけがしにくのです。
他にも、散歩にからんだしつけをする際には、首輪を使用する方がいいようです。
そしてなによりも首輪は装着が楽ですし、付けっぱなしでも問題ないので迷子札などを常に付けておけるメリットがあります。

ハーネス

ここ最近はハーネスを利用する飼い主さんが増えているようです。その理由の一つに「首を絞めているように見えて、首輪って可哀想」という意見が多いからのようです。
その弊害なのか、ハーネス使用者が増えるのと並行して、犬の引っ張り癖に悩む飼い主さんが増えているのが現実です。
首輪だと引っ張った時にむせるから、うちはハーネスじゃないとダメなのと言っている飼い主さんをお見掛けします。首を強く引っ張ればどの犬でもむせるのは当然です。それよりも、引っ張らないしつけをしようという方向になっていただきたいものです。
もちろん犬によっては気管の弱い子もいます。獣医師の指導により、首輪でなくハーネスをすすめられる場合もあります。犬種によっても首輪よりハーネスを付ける方が犬への負担がない事もありますので、一概にハーネスはよくないという事ではありません。

老犬にはハーネスがおすすめ

若いうちは首輪を愛用していた犬も、老犬になったらハーネスに代えてあげましょう。
元気そうに見えても足腰はだんだんと弱ってきます。ハーネスにする事によって、飼い主さんがさりげなく歩行の補助をする事が出来ます。
日々の散歩の中で、少しだけ補助をしながら歩かせてあげると、疲れが半減するメリットがあります。
ただし老犬になってから急にハーネスに代えるのでは、犬も慣れるまでに時間がかかってしまいますので、ある程度の年齢になりましたら早めにハーネスに切り替えて慣らしておいてあげてください。

ハーネス使用上の注意点

ハーネスは付けっぱなしにせず、必ずお散歩お後は外すようにしてください。ハーネスは身体に装着している部分に犬の口が届いてしまうため、飼い主さんが知らないうちに犬が噛むなどして劣化してしまう場合があります。それに気が付かずに散歩に出て、万が一切れてしまうと、思わぬ事故に繋がってしまうかもしれません。
また、ハーネスはサイズのチェックをこまめにしてください。きつくてももちろんダメですが、ゆるくても外れてしまう可能性があるので、サイズがきちんと合っているかを常にチェックする習慣を付けてください。
サイズが合ってないまま使用すると、犬の脇の柔らかい皮膚が擦れてしまう事があります。ここは飼い主さんも気が付きにくく、犬がハーネスを装着するのを嫌がるのをきっかけに擦れて赤くなっている事に気が付く場合が多いようです。

首輪には首輪の、ハーネスにはハーネスのよさがありますので、飼い主さんが自分の犬をよく理解したうえで、犬に合った物を選んであげるようにしてください。

ドッグトレーニング
ドッグトレーニング

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

子犬の「あまがみ」は見過すと「本気噛み」に。早期解決しつけ法

犬のしつけに使える音アプリ

犬の噛み癖のしつけ

犬がトイレシートを食べる!直すためのしつけ方法

犬のしつけに役立つ英語の言葉

NO IMAGE

日本デザインプランナー協会口コミ評判

犬の問題行動の基本的なしつけ方や予防法