犬のしつけに首輪とハーネスはどっちが効果的?しつけに人気の音グッズも!

犬の首輪とハーネスの違い

愛犬を散歩に連れて行くとき、首輪とハーネスのどちらを使ったらいいのか、その選択に迷う人も多いことでしょう。首輪はつけっぱなしだから、そのまま散歩に行くのには便利だけど、犬の首にちょっと負担がかかりそうで心配だし…。ハーネスは犬の体への負担は軽そうだけど、なんだか自分が引っ張られそうな気がして怖いし…。

それぞれ良いところと悪いところがある、首輪とハーネス。どっちがいいのか、本当に悩んでしまいますよね。だけど、散歩は犬の自由にさせておけばいいというものではありませんし、飼い主である自分の意思に犬をしっかり従わせなければなりません。なので、犬のしつけという観点からも、首輪とハーネスの選択の問題を考える必要があります。

首輪とハーネスの特徴の違い

●簡単便利な首輪と着脱に手間のかかるハーネス

首輪とハーネスのそれぞれの特徴を見てみると、首輪は装着するのが簡単で、そのままつけっぱなしにしても大丈夫というのが大きな特徴になります。ですから、散歩のときすぐに出かけられるのがメリットと言えます。一方、ハーネスの場合は、装着するのに時間がかかり、散歩のたびに着脱の手間をかける必要があるのがデメリットと言えます。

●しっかり固定されるハーネス、でも引っ張り癖のある犬には注意が必要

首輪の場合だと、首から頭が細い犬では抜ける可能性があって、大事な愛犬がどこかに行ってしまわないとも限りません。その点、ハーネスであれば、元々犬ぞりをひくために作られたものなので、しっかりと体に固定されていて、体から外れるという心配はほとんどありません。ただ、重いものを引っ張るために作られたハーネスですので、引っ張り癖のある犬に装着した場合、散歩中、犬に引きずられて大変なことになるかもしれません。さながら“市中引き回しの刑”にもなりかねないでしょう。

首輪とハーネスの犬が感じるストレスの差

●首輪は首、眼球、気管に負担がかかる可能性があって注意が必要

首輪は引っ張り癖のある犬にとっては、ゼーゼーと苦しそうで、やはり体に負担がかっているのではないかと心配になります。事実、首輪は首、眼球、気管に衝撃が直接伝わる可能性が高いので、散歩中ぐいぐいと引っ張って行く犬にとっては、体に悪影響を与えることになる可能性がありますので注意が必要です。ただ、多くの犬はむやみに引っ張ったりはしませんので、首輪をすることで必ずしも体に負担がかかるということではありません。

●首輪とハーネス、犬の感じるストレスに大差なし

首輪とハーネスですが、どちらも犬にとっては強制的につけられるものなので、犬の感じるストレスも気になるところです。そうした犬のストレスについて、英国のハートピュリー大学(Hartpury University)の動物の行動と福祉に関する研究者グループが興味深い研究を行っています。このグループは30匹の飼い犬を2つのグループに分け、1週間のインターバルを置いてそれぞれ20分間装着させる実験を行いました。その結果、首輪とハーネスのいずれを使った場合でも、犬が感じるストレスには大差がないという結論に達しました。

この研究結果から考えると、犬の感じるストレスを気にして、首輪とハーネスのどちらかを使うべきかで悩む必要はないようです。ただ、首輪にしてもハーネスにしても、硬すぎたり小さすぎたりと、その犬の体に負担をかけると予想されるものは避けなければならないでしょう。

しつけに向くのはハーネスより首輪

犬が感じるストレスには差がないと考えられる首輪とハーネスですが、犬のしつけという観点から見てみるとどうでしょうか。はっきり言って、両者には違いが出てきます。

●首輪は飼い主の意思が犬に伝わりやすい

ハーネスより首輪の方が、犬のしつけには断然適していると言えます。というのも、首輪の方が飼い主の意思が犬に伝わりやすいものだからです。
散歩のとき、むやみに引っ張ろうとする犬や、突然あらぬ方向に向かおうとする犬がいますが、そうした犬の望ましくない行動に対しては、ダメだという飼い主の意思を明確に伝えてあげなければなりません。そういう時に望ましいのは、やはり首輪ということになります。

●首を圧迫されると犬は自分の行為が良くないと感じる

飼い主が犬の動きを制止しようとリードを引っ張ると、首輪も一緒に引っ張られることで犬は首を圧迫されることになります。そうした圧迫を感じると、犬は本能的に自分のしている行動が良くないことだと感じるのです。一方、ハーネスであれば、犬は体を引っ張られていると感じるくらいで、飼い主の意図と指示が犬に明確に伝わるということはありません。ですから、ハーネスは犬のしつけにはあまり適していないということになります。

●子犬や老犬、引っ張り癖のある犬には首輪よりハーネス

ただ、首や体の弱い子犬や老犬には、体への負担を考えると、首輪よりハーネスを使用する方がいいでしょう。しつけや飼い主さんの意思を伝えることは大事なことですが、かわいい飼い犬の体を痛めてしまっては元も子もありません。くれぐれも愛犬の実情にあった器具選びを心がけるようにしてください。

なお、首輪の体への悪影響ですが、首輪とハーネスで比較した結果、首輪には眼内圧の上昇(眼球へのダメージ)の可能性、首つり状態になることによる虚血と脳浮腫の可能性、首の障害の可能性などのリスクが報告されています。引っ張り癖のある犬の場合、首輪の使用には注意が必要です。

犬の首輪とハーネスを上手に使い分けよう

犬の散歩には、しつけという大事な側面があります。飼い主の指示に従いながら、散歩ができる犬にならなければなりません。犬には、飼い主の自分が主人であるということをしっかり分からせてあげる必要があります。ですから、犬のしつけという点から考えると、ハーネスより首輪をつける方が望ましいということになるでしょう。

飼い主の皆さん、首輪とハーネス、それぞれの特徴をよく知って、かわいい愛犬に合った器具で思いっきり散歩を楽しんでくださいね。

音のするグッズは興奮の素

犬のおもちゃを選ぶ時、愛犬が喜ぶからという理由で「音付き」おもちゃを選ぶことがあります。柔らかい素材で犬が噛むとピーピーと高い音が鳴るおもちゃは大抵の犬が喜びます。

この行動の原理は

・噛み心地のいい素材は、簡単に仕留める事が出来る獲物を想像させます

・噛みつく事で音が鳴ると、獲物が鳴いているかのような錯覚を覚え、優越感を抱きます

・ぬいぐるみなど簡単に壊れるおもちゃは、自己顕示欲を駆り立て、自分の力の強さを意識します

つまり、音がするおもちゃは、狩りをするという犬本来の本能を刺激するので、大変興奮し、夢中になります。

子犬のしつけのお悩みで

・甘噛みの癖が直らない

・本気で飼い主に噛みつく

・ズボンの裾やスリッパを追いかけ、噛みつく

などがあります。これらはある種の狩りの本能でもあります。音付きのおもちゃで狩りをする楽しみを覚え、自分の力を過剰に意識してしまうと、次はもっと大きな刺激を求め、飼い主にも強気な姿勢で臨むようになります。

もし、これらの問題行動で手を焼くようであれば、まずは音付きのおもちゃを一旦回収し、しつけのやり直しに取り掛かりましょう。

音付きグッズがおすすめの犬種、そうでない犬種

音付きのおもちゃの使い分けには、犬種ごとに向き、不向きがあります。

・パピヨン

・マルチーズ

・シェルティ

・ポメラニアン

などの比較的攻撃性が低い犬種の場合、音のするおもちゃは適度な刺激になり、いい遊び道具になります。

ただし、「壊す事」を一度覚えてしまうと、次からは何度も壊して遊ぶようになります。中身の綿や糸を食べてしまうと健康上の問題も生じるので、壊す前に回収をする、壊れにくい素材を選ぶ事を忘れずに置く事がポイントです。

一方で、攻撃性、狩猟性が強い犬、噛む力、引っ張る力が強い犬、テンションが高く興奮しがちな犬種には、このような音付きのおもちゃは不向きです。

具体的には

・ダックス

・フレンチブルドッグ

・コーギー

・ビーグル

などです。

ラブラドールレトリバーも、陽気な性格から、テンションが上がり興奮しやすい面があるのっで、しつけ途中の段階では、音付きのおもちゃは不向きです。

音付きグッズで独占トラブル

音付きグッズが大好物という愛犬が多い中で、単に「おもちゃ」として考える場合もあれば、中には自分の子供のように考え、常に持ち歩き大切にする犬もいます。眠る時はすぐそばに置き、抱える様に眠ります。

この様な場合、飼い主がよかれと思って片付けたり、洗濯をしようとすると愛犬が勘違いをし、咄嗟に噛みついたり、攻撃をするという事もあります。

愛犬が特定のグッズに執着し、大切に扱っている場合は、無理に触ったり、取り上げたり、そのグッズを使ってあやすなどの行為は控えましょう。

愛犬の独占欲は飼い主が感じている以上に強い場合があるからです。

また、来客など家族以外の人間の来訪がある場合や公園、観光などで普段とは違う環境に愛犬のお気に入りグッズを持参する場合は、周りがむやみに触れてしまう事にないように注意を払う必要があります。

犬は音付きグッズが大好物

犬は音のするグッズ(おもちゃなど)が大好きです。しかし、犬種によっては過剰に興奮してしまう場合もあるので、しつけの度合いに応じて上手に取り入れ、使うタイミングをコントロールしましょう。

ドッグトレーニング
ドッグトレーニング

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

犬が散歩中に吠える原因

成犬のしつけ

犬に英語でお手のしつけをする。教える際に注意すべきこと

子どもが犬をしつける方法

英語で犬をしつける方法10のポイント【子どもでも簡単にできる!】

犬のしつけ方法

散歩中に吠える犬のしつけ方

子犬の「あまがみ」は見過すと「本気噛み」に。早期解決しつけ法

犬を叩くしつけは間違い

犬のしつけを英語でするってどうなの?