英語で行う犬のしつけ・コマンドに使える言葉集

犬の吠える時のしつけ

犬のしつけの言葉に英語を使うメリットとは

近年は家庭犬でもしつけの言葉に英語を使う人が増えています。

もともと盲導犬などの使役犬の訓練の言葉として英語が使われていたのが、一般家庭にも広まっていったためとみられています。

犬のしつけの言葉に英語を使うのにはメリットがあります。

一番のメリットは、犬にとって分かり易いということです。

日本語というのは、世界の言語の中でも複雑で柔軟な言語だと言われています。

例えば犬に待っていて欲しい時には「待て」、「待って」、「待ちなさい」など、色々な言い方があります。

さらに人によって微妙にイントネーションが違ったり、方言などで言い方が変わる場合もあります。

ところが、これを英語で言おうとすると「wait」という1種類の言葉しかなく、発音も誰がしてもほぼ同じです。

英語は非常にシンプルな言語です。

犬は、人間ほど複雑な言葉を聞き取ることができません。

犬の耳で聞こえるのは母音のみだとも言われています。

そのため犬のしつけに使う言葉は、できるだけシンプルで簡単な言葉の方が犬にとって分かりやすいのです。

犬のしつけの言葉 英語のフレーズ集

実際に犬のコマンドとして使える英語のフレーズをご紹介します。

ここに挙げているのは一つの例ですので、これでなければいけないという訳ではありません。

各ご家庭で使いやすいフレーズを選んでみてください。

・「お手」:shake hand」、「shake」、「hand

・「おかわり」:shake the other hand」、「left hand

・「お座り」:sit

・「おまわり」:spin

・「伏せ」:down」、「lie

・「待て」:stay」、「wait

・「立て」:stand」、「stand up

・「ハウス」:house

・「良し」:good」、「ok

・「ダメ」:no

・「止まれ」:stop

・「下りて」:off

・「付け」:heel」、「side

・「歩け」:walk

・「行け」:go ahead

・「おいで」:come」、「come here」、「come on

・「持ってきて」:fetch

・「注目」:watch me」、「look

・「聞いて」:listen

・「ゴロンして」(仰向けにさせる時):roll」、「roll over

・褒める時:good」、「good boy(good girl)

犬のしつけに英語の言葉を使うときの注意点

犬にとっては英語のコマンドが分かりやすいというお話をしましたが、これらの言葉を使う時に注意したいことがあります。

まず、とっさの時に英語の言葉がすんなり出てくるように普段から意識しておくことです。

普段の日常会話を日本語でしていると、いざ犬にコマンドを使おうと思っても急には英語が出てこない場合があります。

例えば、犬が急に走り出して静止したい時に、とっさに「待て!」とか「止まれ!」と叫んでも、英語でしつけられている犬は当然言うことを聞きません。

犬のしつけに英語を使う時は、いかなる時も英語のコマンドを使う必要があると言うことを頭に入れておきましょう。

もう一つの注意点は、家族全員が同じ言葉を使う必要があると言うことです。

自分が英語でしつけようとしても、他の家族が日本語で教えていたり、英語でも違うフレーズを使っていたりすると犬は混乱します。

必ず前もって家族で話し合って、コマンドに使う言葉を統一しておきましょう。

英語での犬のしつけを始めてみましょう

英語での犬のしつけは少し敷居が高いように感じてしまうかもしれませんが、全てを英語で行う必要はありません。

まずは何か一つから始めてみて、飼い主さんにとっても愛犬にとっても使いやすいと感じたら、続けてみてはいかがでしょうか。

とっさの時に使うコマンドだと不安な人も多いかと思いますが、「お手」や「お座り」などの緊急性の低いものから始めてみると良いかもしれません。

一つずつ成功させることで、犬との信頼関係を築いていきましょう。

ドッグトレーニング
ドッグトレーニング

関連記事

子犬のしつけ

犬のしつけ トイレシートを使ったしつけの方法

犬の首輪とハーネスの違い

どうして?散歩に行っても歩かない犬のしつけ方

犬

「吠える」「噛む」飼い主がお手上げになっている犬のしつけ方

犬の外でのトイレのしつけ

初心者でもできる犬のトイレのしつけ方法

犬のしつけ方

トリマー資格の徹底比較!

犬のしつけ

里親で引き取った成犬の「しつけ方」、注意事項を成功の鍵