英語で教える犬のしつけ。簡単、便利な英語活用しつけ法

犬の吠える時のしつけ

英語経験不要の英語しつけ法

犬のしつけに英語を用いる手法はプロのトレーナーやドッグショーの世界では当たり前とされています。

一見、難しいのではないか、英会話の知識や経験が必要なのではないかと思われがちな手法ですが、実際にはとても簡単で、一度習得すると日本語のしつけよりスムーズに感じるという声が多いほどです。

英語を使用して犬のしつけをする場合は

・家族が「オスワリ」など基本の単語を覚える

・愛犬が完全に習得するまで、英語と日本語を併用しない

・ペットホテルやペットシッターなどへ預ける場合は、英語でしつけをしている旨を伝え、日ごろの指示に用いる単語を伝えておく

という点を心掛けておく必要があります。

すでに成犬を飼っていて、日本語でしつけをしていたものの、英語でしつける手法やメリットを知り、英語しつけに切り替えたいという場合は、愛犬が飼い主の指示に従うという関係性が構築されているので、数回の練習で習得出来るほど簡単です。

英語で教えるメリット

英語で犬のしつけをするメリットは

・日本語に比べ語彙が少ないので、家族で合図を統一出来る

・単語が短いので、発しやすい、犬が聞き取りやすい

・小さな子供でも単語を覚えやすいので、子供がしつけに携わりたい場合に最適

・家庭内で「ダメ」や「イケナイ」といった言葉を多用せずに済むため、子供の情操教育に向いている

などがあります。

例えば、「オスワリ」を日本語で教える場合、「オスワリ」「スワレ」「スワッテ」などの様に色々ないい回しがあります。

しかし、英語の場合「シット」の一つしか単語がありません。その為、犬は「シット」という合図だけを覚えれば済みます。

また、他の飼い主と差別化する事も出来、ドッグランやイベント会場など込み合った場所で、愛犬に指示を伝えたい時にもスムーズです。

アジリティやスポーツを愛犬と一緒に楽しむ場合、短く、聞き取り安い言葉で合図を出し、犬を俊敏にコントロールする必要があります。このような場面でも、英語の単語は一つずつしかない上に、短く、発しやすいのでとてもスマートに活用出来ます。

子供でも出来る簡単しつけ法

子供の情操教育もかねて、犬を飼う家庭が日本でも増えています。中には、子供に犬を世話全般を担当させたいと希望する父兄もいます。

このような場合も、英語を使用したしつけが最適です。

その理由は

・指示の言葉を覚えやすい

(語彙が少なく、短い言葉が多いため)

・ダメ、イケナイなどの感情的な言葉を多用せずに、落ち着いて接する事が出来る

(子供がしつけをする場合、犬が思い通りに指示に従わない場合、つい感情的になりがちです。合図の言葉もだんだん語意が強くなり、感情的に発するので、益々悪循環に陥ります。しかし、英語しつけの場合、「英語」という事を無意識に考え、一呼吸置く事が出来ます。)

英語を活用した犬のしつけ

犬のしつけに英語を用いる手法は、以前のようにプロに特化した手法ではなく、最近では家庭のペットにしつけにも最適だとされ、積極的に導入されるようになっています。英会話の経験や難しい単語の暗記も一切必要ありません。ぜひ、基本の単語から始めてみましょう。

ドッグトレーニング
ドッグトレーニング

関連記事

子犬のしつけ

子犬の散歩デビュー。歩行ルールのしつけは、首輪を活用。

犬

犬のしつけ本 上手な選び方

犬

トイレの失敗は叩くしつけで改善。はもう古い。悪循環なしつけ方

犬

犬には首輪とハーネスどちらがいいの?

犬の食事の順番のしつけ

犬に英語でしつけるコマンド用語集

犬の首輪とハーネスの違い

犬の散歩のマナーやしつけに便利な首輪のオススメ