百害あって一利無し?犬を叩くしつけ方

犬のしつけと言えば、昔は問題行動を起こしたときには厳しく叱ってしつけるのが主流でしたが、最近は褒めてしつける方法が多く使われています。

では何故犬を叱ったり、叩いたりしてはいけないのかご存知でしょうか?

今回は犬を叱るしつけと褒めるしつけの、メリットやデメリットをお伝えします。

犬を叩くしつけのメリットやデメリット

高齢者や男性に多いようですが、犬を厳しくしつけようと叱るときに叩く方法があります。

叩くしつけのメリットは、痛みやショックを与えることで止めさせたい行動を瞬時に止めさせることが出来、飼い主の言動に素早く反応するようになることです。

確かに犬は叩かれることが怖くて飼い主によく従うようになりますが、本来一番信頼して一緒にいて安心できるはずの群れのリーダー=飼い主が、恐怖や痛みを与えてくる存在になり、しかも群れから逃げ出すことも出来ない状態なのは、犬にとって精神的にとても辛いもので、デメリットにもなります。

もう一つのメリットは、気の強い犬や調子に乗って悪ふざけするような犬には、時としてバシっとショックを与えて気を引き締める事が出来る点もあります。

しかし叩く際の力加減やタイミング、犬の性格や受け止め方によっては飼い主を信頼しなくなったり、反抗して噛んできたりと逆効果になることもあり、場合によっては取り返しのつかない事態になることもある、非常に使い処が難しい点は大きなデメリットになります。

叩かないしつけとはどんなものなのか?

叩くしつけは難しい。

では叩かないしつけとはどういったものでしょうか?

人間もそうですが、犬は一つの行動をした時に褒められると、嬉しくてその行動を繰り返し行うようになります。

これを陽性強化と言いますが、叩いて恐怖で「して欲しくないことを止めさせる」のではなく、褒めて「して欲しい事をどんどん学習させる」しつけ方が犬にとってはとても良い事なのです。

褒めるしつけのメリットデメリット

では、褒めるしつけのメリットとデメリットを挙げてみましょう。

まずメリットは、褒められる事をすると犬はその行動を得だな、と学習して繰り返し行うようになります。

そして飼い主から叩く、叱るなどのマイナスイメージを無くし、褒めてもらえたという良いイメージのみを与えることが出来る為、犬と飼い主に一番大事な信頼関係を強化する事ができます。

そしてこのしつけ方は、子犬から老犬までどんな年齢の犬にも使える点もメリットで、犬にも飼い主にもやさしいしつけ方と言えます。

反対に褒めるしつけのデメリットは、犬がしっかり理解できる形で褒めてあげないと、間違った行動を「褒められた」と勘違いして覚えてしまうことがあります。

例えば犬が無駄吠えをしている時に、飼い主が犬の名前などを呼んで止めさせようとしても、犬は「褒めてもらった」と勘違いしてどんどん吠えるようになります。

褒め方や褒めるタイミングをしっかりと考えておかないと、上手くいかないこともある、と言うことがデメリットです。

叱るしつけと褒めるしつけにはそれぞれメリットやデメリットがありますが、叩くしつけでのデメリットはとても大きい事がわかると思います。

しかし、しつけの方法は犬の性格や年齢によっては必ず上手くいく方法は一つではありません。

もしも色々実践して見た上で、難しい、上手くいかないと感じたときには専門のしつけスクールやインストラクターに相談しましょう。

ドッグトレーニング
ドッグトレーニング

関連記事

犬のしつけ方

犬のしつけを英語で行う理由と5つのしつけ方法【3つの注意するポイント】

チワワ

噛み癖を直すしつけ 噛み癖の多いチワワ

成犬のしつけ

「歩かない」「歩けない」犬の対処法。理由別散歩のしつけ方

犬

犬のトイレトレーニング、しつけ方

犬

犬がトイレで寝る…やめさせるためにできるしつけ

犬

犬に食事を与える順番と吠える・唸る・噛む犬のしつけ方法7選