犬を英語でしつける方法。日本語でしつける場合との違い

成犬のしつけ

犬にとって英語での号令は聞き取り易い

犬のしつけを英語で行うことは、単に[カッコイイ]からでは無く、[英語で教えた方が犬には理解しやすい]という理由からきています。

理由の一つとして、言葉の長さがあります。

犬は[母音(あいうえお)しか聞き取れない]ことから、人間に言われた言葉を[音]の抑揚で判断していると言われています。

例えば、人間が「ごはん」と言えば、犬には「おあ(ん)」と聞こえ、人間の「さんぽ」は、犬には「あ(ん)お」と聞こえるということです。

同じ様に聞こえがちな[音]は、飼い主さんの声のトーンや声量などで判断していると言われ、長い言葉は理解できません。

犬には短い言葉ではっきり伝えることが大切であり、日本語の「おいで」より英語の「カム(come)」の方が、言葉も短く犬には聞き取り易いのです。

日本語は号令を統一しにくい

そして、二つ目の理由は、日本語には[同じ意味なのに違う言葉]がいくつもあることです。

例えば英語の「カム」は、日本語では「おいで」「来い」「こっちだよ」などと様々な言い方があり、年齢や性別、出身地などによっても犬への呼び掛け方が変わってきます。

しかし、英語での号令は、「カム」、「シット」と言葉を統一できる他、どの層の人間が言ってもあまり変わりがないため、犬が混乱せずに済むという利点があります。

また、例えば、日本語の「行け」「ダメ」「来い」などの犬への号令は、犬に限らず、子供などに対しても日常的に使われることがあるため、犬が自分に言われているのか分からなくなる可能性があります。

しかし、日本語と違い、英語での号令が日常会話に出てくることはあまり無いため、犬が混乱するという心配もありません。

犬を英語でしつける時のデメリット

犬を英語でしつける際に懸念されるのは、咄嗟に単語が出てこない場合があることです。

「あれ?[座れ]って英語で何て言うんだっけ?」では、必要な時に犬への指示語が出せませんし、犬もなかなか覚えてくれません。

普段あまり英語を使うことがない場合、特に忘れがちになりますが、思い出せないからと、ある時は日本語で「座れ」と指示を出してしまっては、犬も混乱します。

英語でしつけをする場合は単語を覚えておく必要があり、それも家族の中で犬のしつけに関わる人間全員が覚えることが大切です。

人前で英語の指示を出すことに気恥ずかしさを覚える人もいますが、しつけで使う場合の英語に発音の良し悪しはあまり関係ないため、犬に分かりやすく伝えることを心掛けて下さい。

英語でのしつけを効率よく行う方法

先述の理由から、犬に言葉だけでの指示は伝わりにくいため、言葉+ジェスチャーを交える方法が効果的です。

例えば、「シット(お座り)」と良いながら指を一本立てるなど、言葉に動きを加えることで、犬が指示を理解し易くなるのです。

他にも、「ダウン(伏せ)」の場合は、手のひらを下に向け、手を下げる仕草をするなど、ジェスチャーにも様々なものがあるため、飼い主さんは是非、覚えておくことをお勧めします。

ジェスチャーは、犬が「飼い主さんの指示が聞き取れなかった」という場合も、飼い主さんの動きで判断することができるため、英語のみならず日本語でしつける際も、言葉+ジェスチャーで教えると大変便利です。

ドッグトレーニング
ドッグトレーニング

関連記事

トイレを覚えない犬の為の失敗させないトイレしつけ法

犬の食事の順番のしつけ

犬のしつけを英語でする理由。基本的な言葉の教え方

犬の嫌がる音とは?音に慣れさせるためのしつけについて

犬

成犬のトイレトレーニングと犬の散歩中に引っ張る時のしつけ方法

子犬のしつけ方法

子犬と成犬のトイレのしつけと噛み癖の直し方

犬

吠える犬のしつけに無駄吠え防止首輪は効果的か?