犬の散歩時の困った事 解決は無料のしつけ教室を利用しよう

犬のしつけ

犬のしつけの大切さ

犬を飼うからには、人間社会でのルールをきちんと犬に教えていかなければなりません。
そして飼い主さん自身も、犬を飼うという事に対して責任感を持って、生涯家族の一員として過ごしていく覚悟を持って迎え入れなければいけません。
例えば、時間に関係なくやたらに吠えまくっているようではご近所の迷惑になります。散歩に出たら排泄物をきちんと片付けて持ち帰らなければなりません。
おしっこをする場所も、どこでもいい訳ではないです。犬が入ってはいけない場所もあります。
自宅の中でも、どこでも好きな場所に排泄をするようでは飼い主さんは困ってしまいます。
上げ始めるとキリがないですが、人間と一緒に生活していくからには飼い主さんはルールを守り、犬にはきちんとしつけをしていく必要があります。
基本的なルールを守っていく事は、結果的に過ごしやすい暮らしを手に入れる事につながります。

無料のしつけ教室

最近では犬のしつけ教室ビジネスが盛んです。この中には勿論素晴らしい信念を持って犬や飼い主さんにきちんと向き合っている方も多くいますが、残念ながらそうでない方もそれと同じくらいたくさんいます。
犬をあくまでもビジネスの道具としてしか考えておらず、犬にとってあまりよい影響を与えない場合も少なくありません。
もしも犬のしつけについて、お悩みを抱えているのでしたら地域には必ず犬のしつけについて相談を聞いてくれる窓口があります。
定期的に、公共の場所に専門家を招いて飼い主さんの相談に乗ってくれるような催しをしている自治体も多数あります。
行きつけの動物病院やトリミングサロンでも、しつけについての相談にはのってくれるところがほとんどです。
かかりつけの獣医師や行きつけのトリミングサロンのトリマーさんは、その犬の様子をよく知っていますので、しつけの相談もしやすく、適切なアドバイスをしてくれます。
わざわざ高いお金を出して、自分や犬と相性が合うか合わないか分からない人に頼むのであれば、無料で親身になって相談にのってくれる自治体のしつけ教室に出向く方をおすすめします。

犬の性質を知る事が大事

犬が本来持っている性質や本能をよく知るようにしてください。
犬が困った行動をした時には、やめさせたいとすぐに思うのではなく、何故こんな行動をするのかを先に考えてください。
例えば散歩中に他の犬に向かってやたらに吠える犬がいるとします。
これは犬と飼い主さんの主従関係がきちんと構築されていない為に、犬が自分をリーダーだと勘違いして認識している時に起こりがちな事です。
犬は自分がリーダーだと思うと、飼い主さんを守る為に周りに対して威嚇行動を取ってしまい、その結果吠えるのです。この犬の性質を知らなければ、ただ無駄にやたらに吠えるうるさい犬としか思えなく、どうにか黙らせようとしか考えないかもしれません。
先にあげた犬の性質をきちんと理解すれば、吠えないようにする為の飼い主さんがすべき事もおのずと見えてきます。
飼い主さんからみて犬の困った行動は、ほとんどの場合犬の性質を理解すれば解決方法が簡単に見付かる事ばかりです。
ただし、その解決方法のしつけを達成させるには、飼い主さんの根気が必ずといっていい程必要となってきます。
犬のしつけは、飼い主さんの諦めない根気のある気落ちがなければ成功しませんので、何事もそのつもりで取り組むようにしてください。

ドッグトレーニング
ドッグトレーニング

関連記事

犬

犬が散歩で引っ張り癖のしつけ方法とチワワやトイプードルなど小型犬の噛み癖を直す方...

犬の外でのトイレのしつけ

犬のしつけの困った!「トイレシートを食べる」

犬の食事の順番のしつけ

犬のしつけは食事の順番が大事!効果的なしつけ方法3選

子どもが犬をしつける方法

英語で教える犬のしつけ。小さな子供のいる家庭におすすめの理由

犬のしつけに音を利用する方法とは?

犬のしつけ方

「電流機能付き犬の首輪」を用いたしつけ方、活用法