犬のトイレトレーニング・外でさせる為のしつけ方

犬

一般的に犬のトイレは部屋の中に設置したものを使うことが多いですが、外で飼育している犬や外出の多い場合は、して欲しい時に欲しい場所ですぐできるようにしておくと助かります。

今日は外でトイレをさせる為のしつけ方を紹介します。

トレーニングに適した場所を作ります

トレーニングと言うと堅苦しく感じるかもしれませんが、難しい道具は何も必要ありません。

外でさせるには「合図をしたら排泄をする」という言葉でのしつけを行う必要があります。

その為に必要なものは犬の体の2~3倍の広さのトイレスペースのみです。

場所は室内の今までのトイレでもかまいませんし、外にサークルなどで囲って設置したトイレスペースでもかまいません。

まずはその1カ所でトレーニングし、確実に合図でできるように練習しましょう。

トイレのタイミングを掴み、トイレの合図(コマンド)を教えよう

普段から犬がどんな時に排泄をするか把握していますか?

まず1日の中で犬が何時に、どのタイミングで排泄するか調べておきましょう。

しやすいのは朝起きた時や、散歩などの運動をした後、食事の後などが多いでしょう。

犬が地面を嗅いだり、クルクル回ったりするときは排泄の合図です。

排泄のタイミングが来たときにトイレスペースに犬を入れ、言葉の合図(コマンド)をかけます。

コマンドは「ワンツー・ワンツー」や「シー・シー」などを1つ決め、排泄するまで言い続けましょう。

あまり大きな声や犬が興奮するような言い方はせず、落ち着かせるような言い方が良いです。

きちんと排泄する事ができたら、犬をよく褒め、少量のオヤツなどごほうびなどを与えても構いません。

繰り返しこのトレーニングをする事で、犬はコマンドを聞くと排泄をするようになります。

場所を変えてどこでも排泄できるようにします

自宅でのトレーニングが完成したら、場所を変えてみましょう。

但し屋外の場合は、公道・私道の確認やその場所での排泄が迷惑にならないかどうかをしっかり確認してください。

フンは必ず持ち帰ること、オシッコもペットボトルに水を入れて持ち歩き流すなどの配慮が必要です。

また車通りが多い、人が多い場所など犬が興奮しやすい場所ではうまくいかないことがありますので、犬が落ち着ける静かな場所を選びます。

そして、いつもしている排泄の時間やタイミングに合わせて場所を変え、コマンドを出します。

上手にできたらしっかりと褒めてあげてください。

なかなかしない場合もありますが根気よくコマンドを出して待ちましょう。

大切なポイントは決して叱らないようにする事です。

叱ってしまうとコマンドや排泄自体をやっては行けない事と覚えてしまい、うまくできなくなることがあります。

いかがでしょうか、中には家では排泄せずに外でしかしない犬や、飼い主の見ていないときに部屋の中でいつも失敗してしまう犬もいると思います。

今回のしつけ方はコマンド一つで排泄を促すことができるようになりますので、外ではなく部屋のトイレでさせる、また部屋の中で飼い主が排泄するタイミングをコントロールできるようにもなります。

生活スタイルやお出かけ先でも困ることの無いように、トレーニングしてみてはいかがでしょうか。

ドッグトレーニング
ドッグトレーニング

関連記事

犬

犬のしつけに音が有効である理由。音を使った上手なしつけ方

成犬のトイレのしつけ方法

成犬が噛むと原因としつけ方法

犬

犬のしつけの基本・トイレのしつけ方

NO IMAGE

SARAスクール口コミ評判

犬を叩くしつけは間違い

犬のしつけ方の基本を学ぼう

英語で犬のしつけ方

英語で犬のしつけ【お手の教え方とメリット・デメリット】