犬のトイレのしつけでトイレシートに上手にさせる方法

犬

トイレシートの利便性

犬を室内飼育する上でトイレは必須であり、犬のトイレにはトイレシートがとても便利です。

トイレシートは薄くて軽いため気軽に持ち歩くことができ、散歩時の排泄の際に利用すれば環境美化にも役立ちます。

また、車中や旅行中なども、トイレシートを持っていれば犬にトイレを我慢させることがありません。

トイレシートへのしつけは、飼い主さんはもちろん、犬自身にとってもメリットが多いのです。

トイレシートを使ってのトイレのしつけ方

トイレのしつけは、犬を飼育して最初にしなければならないしつけです。

しつけの準備

①サークル(またはケージ)内にトイレシートを敷き詰めておきましょう。

②トイレのしつけ中は基本的にハウス(クレート)で過ごさせて下さい(犬はもともと狭くて暗い場所を寝床としていたため、犬にとってクレート内はとても安心できる場所です)

③犬が排泄をする際にかける号令を決めておきます。排泄をする度に号令をかけることで、犬が号令により排泄をするようになります。かけ声は、「シーシー」や、「ワンツー、ワンツー」など分かりやすいものにして下さい。また、犬が混乱しない様に号令は家族で統一するようにして下さい。

トイレシートへのしつけ方

①タイミングを計る

犬は、食後、寝起き、遊んだ後などに排泄し易いため、そのタイミングでトイレ(サークル)に連れて行きましょう。また、犬を部屋に出している際に、床の匂いを嗅いだり、クルクル回るという行動が見られたら、犬の排泄のサインです。一瞬の行動で見逃しがちですが、慣れてくると愛犬の排泄の前に見せるクセなどが分かるようになります。

②号令をかける

犬をサークル(トイレ)に入れたら、「ワンツー」などのかけ声をかけて、排泄を促しましょう。

③成功したら褒美

トイレが成功したらすぐに褒め、おやつなどの褒美を与えて下さい。これを続けることにより、トイレ=褒美と犬が結びつけるようになります。

上記①~③を繰り返すことで、トイレシートへの排泄を覚えます。

トイレシート以外の場所で排泄してしまった際に、叱ったり大騒ぎする行為は、トイレのしつけの更なる失敗に繋がる可能性があるため、黙々と片付けることを心掛けて下さい。

トイレシートを嫌がる原因

犬がトイレシートへの排泄を嫌がるよくある原因として、散歩中の排泄が挙げられます。

外での排泄が当たり前になると室内の排泄を拒む可能性が高くなるため、散歩中は排泄させない様にして下さい。また、散歩時は必ずトイレシートを持ち歩くようにし、犬が排泄する際はトイレシートにさせるようにしましょう。

更に原因として、トイレと寝床が近いということも考えられます。

犬は寝床から離れた場所で排泄をする習性があるため、あまり寝床とトイレの距離が近いと、排泄を嫌がる可能性があります。

サークル内に寝床とトイレを置く際は、できる限り離して下さい。

また、寝床にはクレートを使用することで寝床とトイレを区切り易くなります。

他にも、トイレシートの感触が苦手という原因も考えられます。

トイレシートは紙でできている物が主流ですが、布でできた物もあり、試しに素材を替えてみるのも良いかもしれません。

大切なのは、できないからと叱ることではなく、なぜできないのか原因を考えることです。

神経質な犬ならば、トイレの場所が移動したり、トイレシートの汚れも排泄拒否の原因になります。

トイレシートへの排泄を嫌がる際は、愛犬の性格を考えながら原因を取り除いていって下さい。

ドッグトレーニング
ドッグトレーニング

関連記事

犬

犬をしつける基本の順番が分かる効果的なトレーニング方法5選

犬がトイレシートを破るのを止めさせたい。しつけで改善させる方法

犬

犬のしつけの基本・トイレのしつけ方

子犬のしつけ

子犬が噛む原因としつけ方法と直し方【いつまで甘噛みするの?】

犬の散歩のしつけ

犬のトイレトレーニングの基本としつけ方

犬のしつけ

犬のしつけ ケージに入れると吠える犬の矯正方法