犬のしつけ 掛け声を英語にするメリット

犬

掛け声に英語を使うメリット

「うちの犬は私の言葉がわかるのよ。」と言う飼い主さんがたまにいますが、残念ながら犬は人の言葉は理解出来ません。犬は言葉の意味を理解しているのではなく、音の種類を聞き分けて対応しています。その為、英語のように単語一つですむ掛け声の方が、犬にとっては覚えやすいのです。

それに反して日本語は、年齢や性別によって言い回しが変わってしまったり、語尾がその都度変わってしまったりする特徴があります。一つの意味の言葉でも、たくさんの言い方があり、それぞれが好きな言葉で犬にコマンドとして使うと、犬は混乱してしまいます。

犬のしつけをする時には、関わる人間全てがコマンドを統一しなければいけません。英語の単語をコマンドとして使用するようにすれば、語尾や言い回しが変わる事もなく、簡単に統一出来るメリットがあります。

代表的な英語のコマンド

犬のしつけをする際に使う英語のコマンドのなかで、代表的なものをいくつか紹介します。

お子さんでも覚えられると思いますので、是非参考にしてください。

・お座り : sit(シット)

・おいで : come(カム)

・待て  : stay(ステイ)

・立て  : stand(スタンド)

・伏せ  : down(ダウン)

・よし  : ok(オーケー)

・ダメ  : no(ノー)

・いい子 : good(グッド)

どれも基本的なコマンドです。話し言葉ではなく、あくまでも号令のような単語ですから、家族間で統一して使うようにしてください。

英語コマンドのデメリット

英語でのコマンドのよさを紹介しましたが、使用していくには多少のデメリットもあります。

普段英語を使い慣れている飼い主さんなら問題ないのですが、多くの方はそうではない可能性が高いです。

単語とはいえ、普段使わない言葉を日常生活の中、それも咄嗟の時も含めて使用していくのは当然練習が必要になってきます。

そして、コマンドは家族間で統一しなければいけませんので、お年寄りやお子さんも一緒に練習をして覚えてもらう必要がありますので、掛け声を練習する事自体が飼い主さんの負担にならないように、家族内で楽しく練習する工夫をしてみてください。

コマンドにジェスチャーを加える

犬が覚えるのは言葉の発音や意味ではなく、音の響きです。その為英語のコマンドでも発音自体はあまり関係ないのですが、ここにジェスチャーを加えてあげると、更に覚えやすくなります。

ジェスチャーはどんな物でも構いませんが、一つのコマンドに対して決まったジェスチャーになりますので、飼い主さんも間違わないように簡単な動きにしてください。

コマンドを出す時に、常にジェスチャーを使用する必要はありませんが、使用する場合にはコマンド同様にジェスチャーも必ず統一してください。

アイコンタクトを取り入れるのも、いい方法です。犬との意思疎通をはかりながら楽しくしつけをしていくようにしてください。

失敗しても叱らない

しつけがなかなか思うように上手く進まない場合も当然あります。犬が上手に出来なくても、絶対叱る事はしないでください。

うまくしつけが進まない時、つい犬の名前を呼びながらコマンドを出してしまう飼い主さんが多いようですが、これでは犬は、飼い主さんが何を求めているのか分からず混乱してしまいます。

これは犬の覚えが悪いのではなく、飼い主さんのやり方が悪いのです。犬がなかなか覚えてくれない時には、何か原因がないかを一度考えてみてください。

ドッグトレーニング
ドッグトレーニング

関連記事

チワワ

噛み癖を直すしつけ 噛み癖の多いチワワ

犬に室内でしかトイレをしない!外でトイレをさせたい時のしつけ

NO IMAGE

日本インストラクター協会口コミ評判

犬の食事の順番のしつけ

犬のトイレのしつけを成功させる方法

犬のしつけ方

犬のしつけを英語で行う理由と5つのしつけ方法【3つの注意するポイント】

犬のしつけ

犬のしつけ ケージに入れると吠える犬の矯正方法