犬のしつけ 成犬からするトイレトレーニング

犬の外でのトイレのしつけ

成犬でもトイレのしつけは出来る

成犬になっても、トイレのしつけが出来ていない犬がたまにいます。

何らかの事情で成犬になってから迎え入れたため、トイレのしつけが出来ていない場合もありますが、ほとんどの場合は、子犬の頃にトイレトレーニングを試みたもののスムーズに進まず、飼い主さんが諦めてしまった事が多くの原因です。

トイレトレーニングは、同じ事の繰り返しで根気のいる作業です。これは子犬の頃でも同じですが、生活習慣が既に出来上がっている成犬が相手となると、更に根気のいる作業になります。

でも成犬だからといって、トイレのしつけが無理かというとそんな事はありません。

成犬でも、飼い主さんの根気次第では、ちゃんと覚えてくれます。

トイレの場所を広めに作る

元々室内にトイレの場所があるようでしたら、そこを中心に少し広めにトイレシートをひきます。トイレの場所を広くするのが目的です。大袈裟な位に広くするのがおすすめです。

犬がトイレに行くタイミングや、トイレに行く前にする仕草をよく観察しておきます。

トイレに行きそうになったら、そこですかさずトイレに誘導します。トイレシートが広く用意してありますので、シートのどこかではおしっこが出来るように誘導してください。

シートでおしっこをする事が出来たら、必ず褒めてあげてください。

その反対に、誘導したけれど間に合わなかった場合でも、叱る事はせず、騒いだりもしないでください。

粗相をしてしまった場所は、臭いが残らないように消臭剤などを使用してキレイに拭き取ってください。

誘導のタイミングがうまくいくようになると、だんだん元々のトイレの場所でおしっこが出来るようになってきます。そうなり始めましたら、トイレを少しずつ狭くしていってください。

トイレを狭くするタイミングを急いではいけません。シートの範囲が広ければ広いほど、犬がシートの上でおしっこをする回数が増えるはずです。シートでおしっこが出来た事は、犬にとっては成功経験になります。この成功して、飼い主さんに褒められる経験をたくさんさせてあげてください。

成犬はトレーニングのチャンスも少ない

成犬のトイレトレーニングがなかなか進まない原因の一つに、トイレの回数があります。

子犬の頃は、何度もおしっこに行くので、トレーニングのチャンスもそれだけありますが、成犬になると1日のおしっこの回数は多くても2~3回程度になってしまいます。

その為トレーニングするチャンスもその分少ないという訳です。

この少ないチャンスをいかに有効に使うかは、飼い主さんにかかっています。

犬のトイレに行くタイミングや仕草を見逃さず、諦めずに行ってください。

しつけのプロに聞く

色々試してみてもなかなかうまくいかない場合には、しつけのプロに一度アドバイスをもらうのも一つの方法です。最近では市町村でしつけ教室を開催していたり、個人でしつけのアドバイスを行っていたりする人もいます。

一度家族以外の人の目で客観的に見てもらい、よりよいアドバイスをもらうのもいいかもしれません。

ただ、プロからアドバイスをもらったとしても、それはあくまでもアドバイスに過ぎません。犬が信頼する人は飼い主さんですので、最終的に行動をして教えていくのは飼い主さんになります。

犬は飼い主さんの気持ちをよく感じ取ります。諦めてしまうと、それが通じてしまいますので、絶対に覚えてもらうという強い気持ちを持って取り組んでください。

ドッグトレーニング
ドッグトレーニング

関連記事

犬にとっては無駄ではない?無駄吠えの上手なしつけ方

犬のしつけ方法

しつけの度合いに応じた犬の首輪の「選び方」「使い方」

犬

犬のしつけに音が有効である理由。音を使った上手なしつけ方

犬

犬がトイレを覚えない時の効果的なしつけ方法

犬

今日から始める犬のしつけ・トイレトレーニング編

犬

犬が唸る場合のしつけ方法と首輪とハーネスの違い