犬のしつけ 号令は英語で行おう

犬

号令を英語にするメリット

犬へのしつけの際に使う号令は、日常会話から来る日本語ではなく英語で行う事をおすすめします。
犬は言葉の意味を理解して飼い主さんの指示に従っているわけではありませんので、日本語の様に、一つの言葉に対していくつもの言葉が存在するような号令は、犬への指示だしには向いていません。
例えば「来い」という言葉を日本語で言うとなると、「来い・おいで、来て、来なさい」など指示を出す性別や年齢によっても言い方が変わってきます。
いくら同じ意味の言葉でも、犬にはそれは理解出来ませんので、全てを覚えなくてはならなくなってしまいます。現実的にはそれは無理です。
これを英語に変えてみると、「come(カム)」の一言で済みますし、単語となると人によって言い回しが変わる事もほとんどありません。
犬へのしつけは、会話のような形の指示ではなく、単語のみの「号令」のように指示を出すのがベストですので、英語の単語を指示だしに使う事をおすすめしています。

号令は家族間で統一する

犬への号令は必ず家族間で統一します。
英語の単語を使うとなると、なかなかバラバラの指示にはならないと思いますが、単語の語尾に不要な言葉を付けてしまう飼い主さんもたまにいますので、そこも家族間できちんと話し合うようにしてください。
犬への号令はあくまでも単語のみにします。その方が犬も早く覚えてくれます。

号令にジェスチャーを加える

号令を出す際に、ジェスチャーを付けるのもおすすめです。
犬は号令とジェスチャーの両方を確認して覚えられますので、覚えも早くなります。
ただ、このジェスチャーも家族間で必ず統一する必要があります。それぞれがバラバラのジェスチャーを出していたら犬は混乱してしまいます。
犬への指示を出す時は、咄嗟の場合もあります。手荷物などを持っていて片手がふさがっていてもすんなり出せるように、ジェスチャーは片手で出す事が出来て、単純な動きがよいでしょう。
英語での指示もそうですが、日常的に使い慣れていない言葉は咄嗟の時にはなかなかすんなり出てこない場合が多いです。
犬へのしつけを始める前に、号令と一緒にジェスチャーの練習を家族一緒に練習すると、実際にしつけが開始されても戸惑う事なくすすめる事が出来ます。
まずは飼い主さんの指示出しが完璧に仕上がってから、犬へのしつけを開始しましょう。

号令を出す時は名前は呼ばない

しつけをしていく段階で、すんなり覚えてくれる犬もいますが、そうでない犬もいます。そんな時の飼い主さんの行動にありがちなのが、号令の前に犬の名前を付けてしまう事です。
犬がなかなか覚えてくれない事からの焦りもあるのかもしれませんが、最初は号令の「come」だけ言っていた飼い主さんが「○○ちゃん、COMEよ」となってしまいます。
これは最初に出していた号令とは明らかに違います。結果、犬は混乱してしまい、指示に従うどころではなくなってしまいます。
しつけの進み具合は、犬によって大きく違いがあります。1~2週間程度で覚えてしまう犬もいますし、一か月以上かかる犬もいます。
うちの犬は覚えが悪いと思う前に、自分自身の指示や方法は間違っていないかを飼い主さんも再度確認しながら進める必要があります。
そして覚えが悪い犬でも根気よく続けていけば必ず覚えてくれますので、焦らずゆっくりすすめていってください。

ドッグトレーニング
ドッグトレーニング

関連記事

NO IMAGE

日本インストラクター協会口コミ評判

英語で犬のしつけ方

犬のしつけ方について学ぶ、訪問レッスンとはどんなもの?

犬のしつけ方法

散歩中に吠える犬のしつけ方

犬のしつけ

犬のしつけに音のCDを使う方法

犬

犬のしつけ本 上手な選び方

子犬のしつけ

子犬が噛む原因としつけ方法と直し方【いつまで甘噛みするの?】