犬のしつけ 他の犬に吠えてしまうのを直す方法

他の犬に吠えてしまう原因

散歩中に他の犬と遭遇すると、吠えまくってしまう犬がいます。注意してもなかなか直らないと、困っている飼い主さんも多いようです。
犬が吠える原因はいくつかありますが、ここでは幼犬の時の社会化不足からくる恐怖について説明していきます。
母犬から早い時期に離された犬は、母犬や兄弟犬から教わるべき社会化を教わっていないので、他の犬との対応がうまくいかない場合があります。
その為、他の犬が近付いてくるとどう対応していいのか分からずに、怯えと拒絶の意味で吠えてしまいます。
それを飼い主さんがただ制止しても、犬からしてみたら怖いものは怖いだけで、叱られてもそこはどうする事もできません。
更に発展して「他の犬に吠えると飼い主さんが怒る。他に犬が来ると嫌な事が起こる。」という図式が犬の頭の中に出来上がってしまうと、他の犬が近寄る事を更に嫌がるようになってしまいます。犬の考えの中には、自分が吠える事がいけないというのはないからです。

吠える犬の矯正の仕方

犬がどうしても吠えてしまう場合は、他の犬とすれ違う時には真正面から近付くのはやめる事です。
犬同士は正面から近付くという事は、敵意を表している事になり対戦する気があるという事を意味しています。その為、すれ違う場合には少し道をそれてゆっくりと何事もないような雰囲気を心がけます。
犬が前から来たのを察知して「また吠えたらどうしよう」などと飼い主さんがドキドキし始めてしまうと、犬にその気持ちが伝わってしまい、犬も構えてしまいます。
相手の犬の方を見たりせずに、普通にすれ違うようにしましょう。

嫌な事を打ち消す

他の犬に吠えてしまう犬にとって、散歩中に他の犬と遭遇するのは嫌な事です。その嫌な事を忘れてしまうぐらいのいい事を与えるのも一つの方法です。
散歩中に向こうから犬がやって来るのが確認出来たら、お座りや待てをさせてそこに留まります。上手にお座りが出来たらご褒美におやつを与えましょう。
初めのうちは犬がどんどん近付いてくると立ちあがって吠えようとすると思いますが、立ちあがろうとした時に制止します。きちんと制止してお座りを継続する事が出来たら、またご褒美を与えます。犬がそのまま通り過ぎるまで大人しくしていられたら、歩き出す前にまたご褒美を与えます。
最初はなかなか落ち着いて座っていてくれなくても、繰り返し行う事で、他の犬が来ても大人しくしていればご褒美が貰える事を理解してくれます。
上手に待つ事が出来るようになってきたら、徐々にご褒美のおやつをあげる回数を減らしていってください。
その頃には、吠える必要はないんだなという事が、犬も覚えてくれているはずです。

他の犬に慣らしていく

特に他の犬と仲良くさせる必要はありませんが、色々な犬に慣れていく事も大切です。
犬が多く集まる公園などが近隣にありましたら、時々遊びに連れて行くのもいい方法です。
ただし、急に知らない犬と遊ばせようとするのは逆効果になってしまいますので、ベンチなどに座って他の犬とは少し距離を持ち、遠くから眺める程度でも構いません。
犬が周りにいても、嫌な事は起こらないんだという事を教えてあげます。

ドッグトレーニング
ドッグトレーニング

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

犬を叩くしつけは間違い

英語で行う犬のしつけと基本のフレーズ

NO IMAGE

SARAスクール口コミ評判

トイレで寝てしまう犬のしつけ方法

子犬の噛み癖のしつけ方

家族さえも「本気噛み」の危険な問題行動のしつけ方、治し方

犬の噛み癖のしつけ

犬との生活やしつけに参考になる、オススメ本の紹介

今からでも遅くない!成犬から始めるトイレのしつけ