犬のしつけ ケージに入れると吠える犬の矯正方法

犬のしつけ

ケージに入れると吠えてしまう犬

本来ケージとは、犬が安心できる場所でなければいけません。それなのに、ケージに入れた途端にクンクンと悲しそうな鳴き声を出したり、大きな声で吠え続けたりする犬は多いようです。
すると飼い主さんは、ケージに閉じ込めてしまって可哀想とばかりに、すぐ側に近寄りケージから出してあげてしまいます。
この癖が付いてしまうと、来客中やケージに入っていてもらいたい事情のある時でも、それは無理になってしまいます。
これでは困りますので、ケージは自分の安心出来る場所なんだという事を犬に教えていきましょう。

ケージの必要性

ケージは決して犬を閉じ込める為の物ではありません。犬には落ち着ける自分の場所が必ず必要です。
飼い主さんが留守にする時でも、自分の安心出来る場所が決まっていれば、そこで飼い主さんの帰りを待つ事ができます。広い部屋の中で放し飼いにしておくと、飼い主さんの居ない寂しさから普段はしないいたずらをしてしまう可能性も高いです。
いたずらの中には、電気のコードをかじったり、何かの弾みで棚の上にある物が落下したりなど危険を伴う物もあります。
また、犬に慣れていない人や犬嫌いな人が訪ねて来た時にも、犬はケージに入れておく方が安心です。ところがケージにきちんと慣らしておかないと、犬は出せと言わんばかりに吠え続けて、来客と話をするどころではなくなってしまうかもしれません。
外出時や車に乗せる時にも、少し小型の物になるとは思いますが犬の安全面を考えるのであればケージは必要となってきます。

自分の場所だと理解させる

ケージに入れた犬が鳴くのは、飼い主さんと離れて寂しいという気持ちもあるかもしれませんが、一番には自由を奪われたと思っているからです。
ケージの中には自由はなく、ケージの外は自由という認識を変える必要があります。
まずは、犬がくんくん鳴いたり、騒がしく吠えたりしても絶対にケージから出したりしないでください。ここで出してしまうと吠えれば要求が通ると思ってしまいます。飼い主さんの姿が見えないように別の部屋にいってしまっても構いません。
犬はいつまでも鳴き続けたりはしませんので、静かになったら犬の側に行ってケージから出してあげましょう。顔を見せた途端に吠えるようでしたら、そこで出すのはお預けです。
犬をケージから出す時には、扉を開けた状態で「待て」や「お座り」をさせて、飼い主さんの許しが出るまでは勝手にケージから出る事を許してはいけません。
それを根気よく続けて、ケージの外は自由な世界なのではなく、そこで過ごすには飼い主さんの許可いる事、自分勝手に過ごしていい場所ではないという事を教えていきます。

ケージを好きにさせるには

ケージを好きにさせるには、飼い主さんの行動も大切になってきます。飼い主さんが、ケージは犬を閉じ込める場所としてしか認識していなく、自分の都合で閉じ込めっぱなしにしていたりすると、自然と犬もここは閉じ込められる場所と思うようになります。
子犬の頃から、普段は家族の中で一緒に過ごし、たくさん遊び、夜になって休む時間になったら「ハウス」と言ってケージの中で休ませる習慣を付けていくと、ここはゆっくり休む場所だと犬は認識していき、お昼寝の時間などにも自分でケージに入って眠るようになっていきます。

ドッグトレーニング
ドッグトレーニング

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

犬の散歩をより楽しむ為のしつけと工夫

「吠える」から「叩く」この手順で解決出来る?無駄吠えの対処法

成犬のしつけ

犬に「お手」をしつける際の英単語

チワワ

噛み癖を直すしつけ 噛み癖の多いチワワ

どうして?トイレで寝てしまう犬、その理由としつけ方

犬の外でのトイレのしつけ

犬のしつけで音を使うメリット