犬のしつけ方の基本を学ぼう

犬を叩くしつけは間違い

新しく犬を迎え、飼うことになった時に考えて欲しいのが「しつけ」についてです。

「まだ子犬だから」「うちの犬は小型犬だから」としつけを避けてしまうと、後々問題行動やトラブルが起きたときに取り返しのつかないことになります。

犬のしつけ方をきちんと学び、自分なりのスタイルで始めてみましょう。

しつけの基本は犬に好かれ、尊敬できる飼い主になること

人間であっても、好きではない人の言うことを素直に聞くことはできません。

それは犬も同じ事で、好きで尊敬している人間の言うことはよく聞きます。

しつけ方の基本として、犬に一目置かれるような飼い主であることが何よりも大事な事で、実はそういった飼い主になれればしつけは半分完成しているとも言えます。

では犬に好かれ尊敬できる飼い主になるには、犬とどんな風に接したら良いのでしょうか。

エサやおやつを沢山あげる、甘やかしておけば良いのでしょうか?

甘やかすことは犬にとって好きな飼い主にはなれますが、尊敬はされません。

なぜなら単に甘やかすだけでは犬は飼い主の事をいつでも何でも言うことを聞いてくれる、ワガママを言える相手だと勘違いするからです。

犬に接するときには、可愛がることとダメな事をした時の態度のメリハリが必要です。

良くない事をしたときには毅然とした態度で接する事、また犬を優先にするのではなくあくまでも飼い主の生活のペースに犬の生活を合わせること、そして可愛がるときには思いっきり可愛がってあげることが必要です。

普段の生活ですぐにできるしつけ方の基本

では具体的にしつけをどのように行っていけば良いのでしょうか?

しつけは普段の生活から簡単に始めることができます。

まず朝起きて犬のいる部屋に入る時、犬がキャンキャンと「さわって!出して!」とアピールしていますが、この時にすぐに声をかけてはいけません。

犬の要求に対してすぐに応じると、犬は人間がいつでもすぐに要求を聞いてくれると勘違いします。

次にフードを与えるとき、これは人間の食事が終わってから与えるようにします。

群れ動物の犬は食事をする順番も群れのトップから順番に行います、その為犬より飼い主が後に食事をする事は群れの順序違反になり、犬が自分の方が上だと勘違いしてしまいます。

そして散歩に行くときや、別の部屋に移動するときに犬をドアから出すときは飼い主の後に出すようにしましょう。

これは群れの優先順位として、飼い主が一番先に外に出る権利があることを犬に教えるためです。

些細な行動でも、普段から犬より飼い主を優先にする事で犬は自分は飼い主よりも下位にいるのだと教えることができます。

さらに進んだしつけ方と、してはいけないこと

毎日の生活リズムの中で、犬のしつけトレーニングの時間を設けましょう。

1回の時間は犬がしっかり集中できる15分くらいが良いでしょう。

まず犬が好きなフードやとっておきのおもちゃを用意し、これをごほうびとして、犬が飼い主のして欲しいことをした時にのみ与えます。

例えばオスワリを教えるとき、ごほうびを犬の頭の上に掲げ背中側に移動させます。

すると犬は自然とオスワリの形を取りますので、この時にすかさず「オスワリ」と声をかけ、ごほうびを与えます。

これを繰り返すことで「オスワリ」という言葉で座ればごほうびがもらえると犬は学習し、ごほうびが無くてもできるようになります。

このように犬が「これをするとごほうびがもらえる、うれしい」という体験を重ねることで色々な事を学習していきます。

またこれらのしつけを行う上で気をつけなくては行けないことは「犬を叱ること」です。

失敗した時に大きな声で叱る、叩いてしまうと犬は教えたい事に対して「叱られるからやってはいけないのだ」と間違えて学習してしまいます。

しつけ方の基本は、普段の生活の中で簡単にできることから始めることができます。

これは迎えたばかりの子犬でなくても成犬にでも有効な手段です。

今すぐ犬との接し方を見直し、犬に好かれ尊敬される飼い主を目指しましょう。

ドッグトレーニング
ドッグトレーニング

関連記事

犬

今日から始める犬のしつけ・トイレトレーニング編

トイレシートを食べる犬の問題行動の直し方

犬

犬には首輪とハーネスどちらがいいの?

犬のトイレのしつけ・トイレシートの効果的な使い方

チワワ

トイレトレーニングは子犬からはじめよう

音を利用した犬のしつけ用グッズの活用法