犬のしつけは首輪で解決?様々な首輪の使い方

犬のしつけ方

犬の首輪は犬を繋ぎ、迷子を防止するだけではなくしつけにも使うことができます。

しかし沢山の種類がある為、どれを選んでどう使えば良いのか迷うことがあるかもしれません。

そこで今回はしつけに使える首輪の種類や選び方をお伝えします。

色々な首輪の種類と使い分け

首輪には、素材や色以外にも、いくつかの形状の違いがあります。

まず「普通の首輪タイプ」は犬の首周りのサイズに合わせて輪の大きさを固定するタイプです。

一番オーソドックスなタイプで、どちらかというとデザインや色を楽しむ事ができ、普段の生活用に使います。

次に「チョークタイプ」「ハーフチョークタイプ」というよくしつけに使われるタイプがあります。

こちらは何もしなければ緩んでいる状態ですが、リードを付けて引くと首が絞まり犬に刺激を与える構造になっています。

チョークタイプはリードを引けば止まらずにずっと首を絞めますが、ハーフチョークタイプは一定のところで止まります。

その他に吠えると電流を流す「無駄吠え防止首輪」や、「スパイク首輪」という首輪の内側にトゲ状のものがあり、リードを引くと犬の首に食い込んで大きな痛みと刺激を与えるものがありますが、使い方が難しく怪我に繋がる可能性がある為お薦めしません。

このように首輪には普段用、しつけ向きの2種類がありますので自宅用としつけ用にいくつか用意しておくと良いかもしれません。

しつけに使える首輪の使い方

首輪を使うことで、しつけに効果があるのは散歩やリードに繋いでいるときに「引っ張る」「吠える」場合です。

犬が引っ張るとチョークタイプ・ハーフチョークタイプは首が絞まり刺激(ショック)を与えますので、不快感を感じて引っ張るのを止めるという構造です。

しかしチョークタイプの場合はいつまでも首を締め続けてしまう為、緩めるタイミングが難しく、できればハーフチョークタイプを選ぶことをお薦めします。

ハーフチョークタイプの使い方ですが、犬がリードを引っ張りそうになる、吠えそうになるタイミングで犬よりも先にリードをさっと引いて軽くショックを与えます。

すると犬が気付いて引っ張ることや吠えるのを止めますので、すぐに側に呼んでよく褒めます。

大事なポイントは首を絞めて痛みを与える、罰を与えるのではなく刺激で引っ張らない、吠えないように「合図を送る」ということです。

またハーフチョークがチェーンでできているタイプのものを選ぶと、引くときのチャリっという音でも犬が気付きますので、刺激を与えすぎずに合図を出すことができます。

引っ張り防止に「ヘッドカラー」

首輪とは少し違いますが、犬の引っ張り防止のしつけに「ヘッドカラー」と呼ばれるタイプの物があります。

これは馬の顔に装着する手綱のようなもので、犬のマズルに装着して使います。

散歩中にこれを付けておくと、犬が引っ張ろうとした際にマズルの部分に付加がかかり、不快さを感じる為自然に引っ張るのを止めさせることができます。

特に大型犬など力が強く、なかなか飼い主が制御できない犬には、痛みや強い刺激を与えずに使うことができる便利な道具ですが、装着の仕方がやや難しい点と、見た目が噛みつき防止の口輪に似ている点がネックになります。

首輪はただ単に犬を繋ぐためのものではなく、種類によってはしつけに有効なものがあります。

引っ張りや無駄吠えなどでお困りの方は、首輪をしつけ用に変えて使ってみてはいかがでしょうか?

ドッグトレーニング
ドッグトレーニング

関連記事

犬

犬が唸る場合のしつけ方法と首輪とハーネスの違い

犬

犬が嫌がる音を知っておこう

犬の外でのトイレのしつけ

犬のしつけ 成犬からするトイレトレーニング

犬

犬のしつけは、家族構成で大きく異なる。家族構成別しつけ方法

犬のしつけ

今からでもできる!成犬のトイレトレーニング

犬を音に慣れさせるしつけCDを使って慣れさせる方法