犬のしつけは英語と日本語どちらがよいのか

犬

犬をしつける時の言葉

犬をしつける時のコマンドは英語がいいと強く言われています。

これは使い慣れた日本語ですと、同じ意味のコマンドでも言いまわしの違う言葉をつい使ってしまったり、話し言葉でコマンドを出してしまったりして、犬を混乱させてしまうからです。

これが日常会話で使用していない英語でのコマンドを使用するとなると、決めた単語以外はなかなか使わなくなり、結果的には犬にとっては理想的な、単語のみの簡潔なコマンドになるからです。

「日本語でのしつけは本当にダメなのか」

英語でのコマンドのメリットは十分理解はしても、やはり日本語でしつけをしたい方もいると思います。

日本語でのしつけが絶対的にNGという事ではありません。統一した単語のコマンドであれば、日本語でも問題はないのですが、これは意外と難しいものです。

「来い」というコマンドを使用するとします。家族間で統一するように決めたとしても、年齢や性別によって、どうしても言い慣れた言葉が自然と出てしまうものです。

それは、日常的にも同じ意味でも少しずつ違う言い方の言葉を、自然と使用している日本語では、仕方のない事なのかもしれません。

英語でのしつけで気を付ける事

英語でのしつけをすると決めたら、しつけに少しでも関わる人は全て、コマンドを統一する必要があります。それはお子さんもお年寄りも必ず全員です。

英語のコマンドを使う際に気を付けなければいけない事は、咄嗟の時に日本語を使わないようにする事です。

何か悪い事をした時のコマンドを「No」とするとします。これが咄嗟の時には「ダメ」となってしまうかもしれません。言い直す余裕のある時でしたらいいですが、本当に咄嗟の出来事で、犬を制止しなければならないような状況の場合、「ダメ」では犬に伝わりません。

普段から自分の中で使い慣らしておかないと、本当に咄嗟の時には出てこないものです。犬のしつけをすると同時に、飼い主さん自身もそれを肝に命じておかなければいけません。

また、これは個人差のある事ですが、室内ではきちんと英語のコマンドでしつけをしていても、外に出て見知らぬ人がいる場では、英語でのコマンドが恥ずかしくて日本語に戻した、という話も耳にする事があります。

飼い主さんの都合に振り回されて、これでは犬が可哀想です。その点もふまえたうえで、どのように進めていくべきかを決めるようにしてください。

言葉と仕草を併用する

犬へのコマンドは言葉だけとは限りません。犬は飼い主さんの事をよく見ています。

コマンドを出す時に決まった仕草を一つ加えるだけで、犬の理解度も高まります。その結果、しつけを覚えるのも早くなります。

仕草という物は、割と自然と出てしまう物なので、あえて意識して決める必要はないのかもしれません。家族内の複数人でしつけをする場合でも、一緒に生活している者同士は、仕草も似てくるものです。

仕草はこうしましょうと意識的に統一して決めるよりも、こんな風にしているねと確認をし合う程度でも十分かもしれません。もしも確認してみたら仕草は思っていた以上にバラバラだったとしても、無理矢理に仕草を合わせるのではなく、コマンドの統一を強化するようにした方がいいでしょう。

ドッグトレーニング
ドッグトレーニング

関連記事

NO IMAGE

SARAスクール口コミ評判

犬のトイレ

犬のしつけ 成犬の本気噛み

犬の外でのトイレのしつけ

「散歩中に吠える」犬の問題行動の対処法、しつけ方

成犬のトイレのしつけ方法

犬が噛む原因としつけで改善する方法

犬

犬が散歩で引っ張り癖のしつけ方法とチワワやトイプードルなど小型犬の噛み癖を直す方...

犬の食事の順番のしつけ

犬に家族の「順番」を教えるべき。家庭内序列の考え方、接し方