犬のしつけの困った!「トイレシートを食べる」

犬の外でのトイレのしつけ

犬はなぜトイレシートを食べるのか

犬のしつけをする上で、トイレのしつけについて悩む飼い主さんはとても多いです。

室内犬の場合、トイレシートを使ってしつけをすることが多いかと思いますが、このトイレシートに関する悩みも多く見られます。

例えば、愛犬がトイレシートを食べてしまって困っているという飼い主さんも多いのではないでしょうか。

犬がトイレシートを食べる原因は大きく分けて以下の2つあります。

・トイレシートをおもちゃだと思っている

・ストレスや暇つぶしでやっている

子犬の場合は好奇心が旺盛ですので、トイレシートで遊ぶのが楽しくて食べてしまう場合があります。

この場合、まずはきちんとトイレトレーニングをして、トイレシートはおもちゃではなく排泄をする場所だということを教えていく必要があります。

成長とともにだんだんと他の遊びに興味が行くようになりますので、大量に食べないように注意しつつ、成長を待ちましょう。

成犬になってもトイレシートを食べてしまう場合、何らかのストレスが原因として考えられます。

留守番中に不安になったり、飼い主さんがあまり遊んでくれなかったり、運動不足だったりすると、こういった問題行動が起こる場合があります。

 犬がトイレシートを食べるとどうなるか

トイレシートは、水分を吸収する特殊な素材でできています。

当然のことながら食べて良いものではありません。

少量なら大抵はウンチと一緒に排泄されますので、しばらくウンチを観察して排泄されているかどうか確認してください。

大量に食べてしまった場合や、なかなか排泄されない場合は、消化器官のどこかで詰まってしまう恐れがあります。

腸閉塞などの原因になったり、最悪の場合は開腹手術になる場合もあり得ますので、かかりつけの獣医に相談しましょう。

 トイレシートを食べるときの対処法

犬がトイレシートを食べてしまう場合、どのように対処したら良いのでしょうか。

最初にもお話ししましたが、子犬のうちは好奇心が旺盛で色々なものを口にしてしまうのは仕方のないことです。

これは成長の過程ですので、危なくないように見守りながら、トイレトレーニングをきっちり進めていきましょう。

それから、子犬のうちはなるべく一人にさせず、家族と一緒に過ごす時間を多く取ることも重要です。

一人で留守番も、子犬のうちはさせない方が良いです。

そうすることで集団生活に慣れ、飼い主さんとの信頼関係ができ、成犬になった時に問題行動が少なくなると言われています。

これはトイレのしつけに限ったことではありません。

子犬のうちからたくさんの愛情を受けてスキンシップも十分にとった犬は、成長してからも情緒不安定になりにくいということです。

成犬になってもトイレシートを食べてしまう場合は、犬との生活をもう一度見直してみてください。

・毎日お散歩に連れて行っているか

・十分な運動をさせているか

・たくさんスキンシップを取っているか

・留守番ばかりさせていないか

このようなことを見直すだけでも、トイレシートを食べるという行動がなくなる可能性があります。

退屈してトイレシートで遊んでいる場合などは、たくさん遊んであげることで他の遊びに興味が行き、食べるのを止めることはよくあります。

 どうしてもトイレシートを食べてしまう場合は

色々と対処しても、どうしてもトイレシートを食べてしまう犬も中にはいます。

そういう場合は、トイレシートで遊べないようにカバーの付いた犬用トイレなどが市販されていますので、利用してみるのも良いかもしれません。

あるいは、100円ショップなどでバーベキュー用の金網を飼ってきてトイレシートの上に固定しても良いです。

ただし、このような対処法をする場合、臭いや汚れが付きやすくなるので、こまめに掃除をするようにしましょう。

最終手段としては、お風呂場をトイレとして利用してしまうというのも一つの手です。

お風呂場ならトイレシートを使う必要がないですし、すぐに水で流せます。

この方法は衛生面で抵抗があるという人もいると思いますので、ご家庭で話しあってみてください。

 トイレシートを食べてしまっても、叱らないこと

もしも犬がトイレシートを食べてしまっても、叱ったり大きな声を出したりしないでください。

犬のしつけでは叱らずに無反応で片づけるというのが基本です。

もしも叱る場合でも、問題行動を起こした時に間髪入れずにタイミングよく叱らなければ、犬はなぜ叱られているのか理解できません。

トイレシートを食べているのを発見してから叱っているのでは遅すぎるのです。

また、大きな声をだしたり大きなリアクションをとったりもしないでください。

犬は、トイレシートを食べると飼い主さんが構ってくれると勘違いして、益々問題行動が悪化してしまう可能性があるためです。

犬がトイレシートを食べているのを発見したら、無言で淡々と片付けましょう。

全て片づけ終わってからも、犬が遊んで欲しいと寄ってくるまではこちらから構ってあげてはいけません。

トイレシートを食べてみても飼い主さんが構ってくれる訳ではないということを、犬に覚えさせるようにしましょう。

犬のトイレの悩みはたくさんありますが、一つ一つ原因を知ったうえで対処すれば、解決できることが多いです。

しつけの基本を守りながら、気長にトライしてみてください。

ドッグトレーニング
ドッグトレーニング

関連記事

犬の外でのトイレのしつけ

犬のしつけ 成犬からするトイレトレーニング

犬

犬のしつけ本 上手な選び方

犬のしつけ方法

しつけの度合いに応じた犬の首輪の「選び方」「使い方」

犬

犬の甘噛み・本気噛みのしつけ方法と人気の訪問トレーニング特集

犬の食事の順番のしつけ

犬に英語でしつけるコマンド用語集

犬のしつけ

犬のしつけに音のCDを使う方法