犬のしつけの困った!「トイレで寝る」

子犬のしつけ

犬はなぜトイレで寝るのか

犬のトイレのしつけで困っている飼い主さんはとても多いです。

今回は、犬がトイレで寝てしまうときの対処法についてお話ししていきます。

まず、犬がトイレで寝てしまうときに考えられる原因には、以下のようなものがあります。

・子犬の場合、単にトイレと寝床の区別がついていない

・トイレシートやトレーの寝心地が好き

・トイレシートがひんやりして気持ち良い

・トイレの場所が好き、涼しくて寝心地が良い

子犬の場合はまだトイレと寝床の区別がついていないことが多いです。

ペットショップなどでは狭い空間にトイレシートを敷いてそこで寝ているので、全く区別ができていないのかもしれません。

成犬になってからもトイレで寝てしまう場合は、大抵はトイレの寝心地が良いのが原因です。

夏場だけトイレで寝るという場合は、トイレの場所が涼しかったり、ひんやりして気持ち良かったりすることも理由の一つです。

トイレで寝るのをやめさせるにはどうしたら良いか

犬にとっては寝心地が良くても、飼い主さんとしてはトイレで寝てしまうのは困りものです。

おしっこやウンチをした上に寝られたら犬の体も汚れてしまいますし、掃除も大変です。

犬がトイレで寝てしまうのを止めさせるにはどうしたら良いのでしょうか?

上でもお話ししましたが、子犬の場合は単にトイレと寝床の区別がついていないので、成長とともにやらなくなることも多いです。

トイレトレーニングをきちんとして、徐々にトイレと寝床の区別をしっかりつけるようにしましょう。

成犬の場合はトイレの寝心地が良い場合が考えられますので、トイレの種類や場所を変えてみると良いです。

例えばトイレシートの肌触りが好きなら、トイレシートの種類を変えてみます。

犬は狭い場所の方が落ち着く傾向がありますので、高さのあるトイレだと周りを囲まれていて落ち着くということもあります。

その場合は、フラットなタイプに変えてみましょう。

トイレにメッシュの付いているタイプを使っていてその肌触りが好きなら、寝床に同じようなメッシュを敷いてみてください。

夏場に涼しい場所を求めてトイレで寝ているなら、寝床にクールマットを敷いて見るのも良いです。

単純に、トイレの場所を変えるだけでも改善するケースもあります。

トイレを色々と工夫してみるのと同時に、犬の寝床をより寝心地の良いものに変えるのも大切です。

寝床に飼い主さんの匂いのするものを置いて安心させてあげたり、ベッドで寝ていたら褒めてあげたりするのも効果的です。

トイレと寝床を区別するクレートトレーニングの方法

犬にトイレと寝床を区別させる方法の一つとして、クレートトレーニングがあります。

犬は本来狭くて暗い巣穴で暮らしていた動物なので、クレートを寝床にするとそこでトイレしなくなるのです。

クレートは犬がギリギリ方向転換出来るくらいの大きさのものを用意します。

基本的には、トイレの時や遊んであげる時以外はクレートの中で過ごさせます。

狭くてかわいそうだと思うかもしれませんが、犬にとって落ち着く場所であれば大丈夫です。

ケージの中にクレートを入れて、そこから出ないとトイレ出来ないようにしておくと、留守番をさせるときも便利です。

では、具体的なトレーニング方法を解説していきます。

最初は一定時間おきにクレートから出してトイレに連れていき、出来たら褒めてしばらく遊んであげて、またクレートに戻します。

トイレでしばらく様子を見てもおしっこが出なければ、そのままクレートに戻します。

これを何度も繰り返すうちに、クレートから出たらトイレして、それから遊ぶというサイクルができてきます。

だんだんと覚えてきたら、自分で歩いてトイレに行かせます。

完全に覚えると、クレートから出たら自らトイレに行って排泄するようになります。

トイレのしつけの前に、まずは犬が安心できる場所を

犬のトイレのしつけをする時、トイレを覚えさせることに一生懸命になりがちです。

でも、まずは犬が安心できる寝床を作ってあげることが近道です。

犬は本来、自分の寝床では排泄しない動物です。

犬の習性を十分理解したうえでしつけをすると、案外スムーズにいくかもしれません。

 

ドッグトレーニング
ドッグトレーニング

関連記事

犬のしつけ方

犬のしつけは首輪で解決?様々な首輪の使い方

犬

散歩のしつけが分かる無料動画と人気のドッグトレーニング本ランキング

犬

犬のしつけ本 上手な選び方

子犬の「あまがみ」は見過すと「本気噛み」に。早期解決しつけ法

NO IMAGE

日本アロマメディカル心理セラピー協会口コミ評判

犬のトイレのしつけ・トイレシートの効果的な使い方