犬のしつけのおすすめの本。「著者別」検索

犬の食事の順番のしつけ

家族で愛犬のしつけに取り組むには「西川先生」がおすすめ

初めて犬を飼うご家庭、子供も一緒にしつけに取り組みたいご家庭には、「いぬのきもち」監修でも有名な西川丈二先生のしつけに関する本がおすすめです。

著書は、犬の飼育初心者へ向けた平易な言葉、多くのイラストや画像で解説されたものから、脳科学の研究に基づく大人向けのものまで幅広く発行されています。その為、子供には平易な著書を、大人は脳科学に基づく理論に沿った内容をと使い分けができます。しかし、しつけの手法は共通しているので、それぞれの状況に応じて読みやすい本が選択できます。

おすすめの著書は

「改訂版犬は知的にしつける」¥1,728

「うまくいくイヌのしつけの科学 (サイエンス・アイ新書)」

「トイ・プードル 飼い方・しつけ・お手入れ」

など多数の著書があります。

また、都内で常設のしつけ教室を開講しており、実際に犬を連れて参加する機会を持つと、よりしつけに関する理解が深まります。

定年後に犬を飼い始めたい時には「相良先生」がおすすめ

栃木の大規模は動物保護施設を建設し、犬のしつけに全力で取り組む姿勢が、多くの専門家から指示されている相良直美さんの著書がおすすめです。

たいていのしつけの本は、子供から大人まで共通して読む事が出来るようにと平易な内容で書かれています。そのうえ、飼い主の年齢、生活環境に関わらず同じ手法でのしつけを提唱しています。

しかし、実際には小さな子どもがいる家庭で犬を飼う事と、定年を機に犬を飼い始める人とでは、犬のしつけに掛ける事が出来るエネルギーが大きく異なります。

相良先生の著書は、あえて飼い主の年齢、生活環境を限定し、無理なくしつけに取り組めること、この年齢だからこそしっかりと身に付けさせておきたい事に着目し、手法が紹介されています。

おすすめの著書は

「佐良直美が教える犬との暮らし方―中高年が愛犬と楽しく暮らすための上手なしつけと飼い方」

です。

犬との生活は、飼い主の年齢や生活環境に応じてそれぞれの楽しみ方があります。より良い関係性を構築し、良好な関係性を保つ事、周りに迷惑を掛けたり、危険を及ぼす事がないようにする事は飼い主の義務でもあります。

犬の食事に関するしつけに迷った時は「須崎先生」がおすすめ

小型犬を飼っている方の中には、あまりに食が細い、偏食だと愛犬の食生活について深刻な悩みを抱えている方が多くいます。

健康で長生きをと考える事、アレルギーなどの持病のケアのため、食事への関心は高まる一方です。しかし、手作り食に取り組むにも、栄養バランス、レシピなど様々な疑問が生じます。

そのような時には、犬の食事の関する第一任者ともいえる須崎先生の著書がおすすめです。

須崎先生の著書には、様々なレシピの掲載はもちろんのこと、犬の食事に関する基本をしっかりと学ぶ事が出来ます。飼い主が正しい知識を身に付ける事で、愛犬の食に関する悩みの解消、健康的な食事の用意、好き嫌いへの対処法を学ぶ事が出来ます。

おすすめの著書は

「愛犬のための症状・目的別食事百科」

「Dr.須崎の犬ごはんの悩み相談室」

「愛犬のためのがんが逃げていく食事と生活」

この他にも多数の著書が発行されていますので、愛犬の症状に応じて選択する事が出来ます。

ドッグトレーニング
ドッグトレーニング

関連記事

どうして?トイレで寝てしまう犬、その理由としつけ方

犬の外でのトイレのしつけ

犬のしつけの困った!「トイレシートを食べる」

犬のしつけ方

犬のしつけは首輪で解決?様々な首輪の使い方

便利なしつけ用トイレシートを活用した子犬のトイレしつけ法

犬

犬がトイレで寝る…やめさせるためにできるしつけ

犬の首輪とハーネスの違い

どうして?散歩に行っても歩かない犬のしつけ方