犬のしつけに音のCDを使う方法

犬のしつけ

犬は大きな音が苦手

犬は日常生活の中でしないような種類の、大きな音が苦手な場合が多いです。

例えば、雷の音や夏の花火の音、工事の音などを怖がってぶるぶる震えてしまう犬は実際にたくさんいます。

雷や花火の音がするたびにパニックになって、時にはあまりの恐怖に外に飛び出して、そのまま迷子になってしまう犬もいるくらいです。

犬にとっては、とても大きなストレスになっている事は間違いありません。飼い主さんはこの音対策について、真剣に考えてみてください。

犬は何故大きな音が苦手?

人間は雷や道路工事などの音を聞いた場合、うるさくて不快には感じるかもしれませんが、犬のように恐怖を覚えたりはしません。それは、何故音がしているかを理解しているからです。

犬が聞きなれない大きな音を怖がるのは、本能による物です。元々は外敵から身を守る為の手段として、音を聞き分け、臭いを感じ取っていたなごりからきています。

普段と違う聞きなれない音は、犬にとっては外敵と同じ感覚なのでしょう。

その外敵がどこからともなく、大きな音をたててやってくると思っているのですから、恐怖を感じないはずはありません。

音に慣らす

人間と一緒に暮らしていくからには、ある程度は大きな音に慣れてもらわなくていけません。

雷の音や、工事の音、台風の時の雨風のひどい音などを収録した、効果音CDをうまく活用して、大きな音に慣れさせるようにしましょう。

まずは静かな室内で犬を座らせてから、小さめの音量で効果音のCDを聞かせてみます。最初からいきない大きな音量で聞かせてしまうと、恐怖ばかりが先にきてしまい、CDを聞く事すら出来なくなってしまいますので、その点は気を付けてください。

音の大きさを少しずつ大きくしていっても、騒いだりパニックになったりする事もせず、大人しくしている事ができましたら、そこで「いい子ね」などと声をかけて、おやつをあげてください。

徐々に音を大きくしていき、それでも大人しく座っていられたら、またおやつをあげます。

これを何回か繰り返していくと、音にも慣れていきますし、音がしても座っていたらおやつを貰えると覚えてくれます。

ただし、音を大きくしていく段階で少しでも犬が怖がるような仕草を見せましたら、音量をまた少し小さくしてください。恐怖だった物を慣らしていくしつけは、無理をして焦ってすすめても、一つもいい事はありません。

おやつを減らして、褒める事を増やす

だんだんと大きな音にも慣れてきましたら、次はご褒美のおやつの量を減らしていきましょう。おやつが目的で大人しくしているようになっては、いざという時に困りますので、毎回与えていたおやつは、数回に1回にするなどして、徐々に減らしていくようにします。

その代わり、おやつをあげなかった時には、いつもよりも大袈裟にほめてあげる事をしてください。

自然の音でもパニックにならないか試す

CDの音には怖がらなくなっても、実際の雷や花火の音を聞いた時にはどうなるかはわかりません。実際に音が鳴るのを待って、犬の行動をチェックします。

CDで流れてくる効果音は、実際の音に上手に似せて作ってはありますが、犬が独自に感じている音の振動のような物はどうしても再現できません。

CDでは最大音量でも、全く動じる事をしなかった犬が、実際の花火の音を聞いたらまた以前のようにパニックになってしまった例も少なくはありません。

もしも、実際の音を聞いてやはり以前と同じように怖がってしまったとしても、飼い主さんはあからさまにがっかりしたり、怒ったりせずに普段通りにふるまってください。

ドッグトレーニング
ドッグトレーニング

関連記事

子犬のしつけ

犬のしつけ トイレシートを使ったしつけの方法

犬

犬のしつけに音が有効である理由。音を使った上手なしつけ方

犬の噛み癖のしつけ

成犬が噛むのを止めさせる効果的なしつけ方法5選

成犬のトイレのしつけ方法

成犬が噛むと原因としつけ方法

犬のしつけ方

「電流機能付き犬の首輪」を用いたしつけ方、活用法

子犬のしつけ

犬を生活音に慣らすためのしつけと社会化CD