犬のしつけに役立つ首輪選び

犬

しつけに使用出来る首輪

最近ではあまり見かける事が少なくなりましたが、元々しつけ用に使用出来る首輪は、犬に痛みを与えて言う事を聞かせるタイプの物がほとんどでした。
例えば、突起物が首輪の内側にまんべんなく付いていて、飼い主さんがリードを引く事により、突起物が犬の首に食い込み刺激を与えてしつけをします。
禁止のコマンドと一緒にリードを引く事で、犬は痛い思いと禁止事項を結び付けて覚えるという方法です。
同じ様に痛みを与える首輪として、微量な電流が流れる首輪もあります。どちらの首輪も犬に対して適切な刺激なのかどうかは判断が付きにくいうえ、人道的な観点からも使用には躊躇してしまいます。

ジェントルリーダー

しつけに活用出来る首輪として、獣医師からすすめられる事が多いのがこちらです。
母犬が子犬の行動を叱る時に、マズルを甘噛みして教える方法を取ります。これをイメージして作られたのがジェントルリーダーです。
ジェントルリーダーは、犬のマズルから犬の耳の後ろを通る形で装着する首輪で、首は絞めつけないタイプとなっています。
犬が正しくない行動をした時に、リードを軽く引くとマズルに軽い刺激が伝わるようになっています。更に、リードを引くと犬が飼い主さんの方を向く構造になっているので、アイコンタクトも取れるというメリットがあります。
ただし、普通の首輪とは装着感がかなり違いますので、慣れるまでは犬も違和感を感じると思います。しつけに使用する際には、装着する事に犬が充分慣れてからにしてください。

イージーウォーク

イージーウォークは、首輪というよりもハーネスに近く、犬の胸部にリードのような物を通すタイプです。こちらも飼い主さんがリードを引くと、胸部に軽く絞まるような感触が伝わり、それが犬への刺激になります。
このタイプの物は、股関節を制御する効果もありますので、犬の歩く幅は自然と狭くなりゆっくりと歩くようになります。
犬がどんどん先に行ってしまう事にお困りの飼い主さんにはおすすめかもしれません。
ただし、ハーネスタイプの物は正しい装着をしないと引いた時にはずれてしまったり、犬が歩きにくくなってしまったりするので、正しい使い方を室内でマスターしてから散歩に行くようにしてください。

首輪の選び方

しつけに使用する首輪を選ぶ場合には、犬の体格や、犬の性格をよく理解したうえで選ぶ必要があります。
痛みに耐性のあるような犬には、最初に紹介したような痛い刺激を与える物でないと意味がない場合もあるかもしれませんし、小型犬にそれと同じ物を使用してしまっては刺激が強過ぎてしまいます。
とはいえ、この犬種にはこの首輪というような明確な物はありません。やはり飼い主さんがきちんと効果や仕組みを理解して選ぶのが一番です。

首輪が与えるストレス

飼い主さんに覚えておいていただきたいのは、痛みを与えるタイプの首輪は少なからず犬にはストレスを与えるという事です。
でもこれを選択している飼い主さん自体も、きっと犬の問題行動に悩んだ末にこの首輪を選んだのだと思います。
犬の問題行動はやめさせる事ばかりを考えるのではなく、何故そのような行動を取るのか、犬の気持ちや性質をもう一度考え直していただくと、解決方法のヒントが見付かる場合もあります。
首輪を付ければそれで解決ではなく、首輪はあくまでもしつけの補助として使用するようにしていただけたらと思います。

ドッグトレーニング
ドッグトレーニング

関連記事

犬の外でのトイレのしつけ

初心者でもできる犬のトイレのしつけ方法

犬

犬がトイレで寝る…やめさせるためにできるしつけ

犬

犬のしつけに使える音アプリ

犬

犬のしつけ 叩く事のメリットとデメリット

犬を叩くしつけは間違い

英語で犬のしつけ方法の9つのポイント【覚えておきたい英語の掛け声】

犬の首輪とハーネスの違い

どうして?散歩に行っても歩かない犬のしつけ方