犬のしつけに使うコマンドは、英語と日本語どちらが良いか?

犬の吠える時のしつけ

犬のしつけを進めていくと、オスワリ、マテなどの基本的な部分からだんだん難しい事も教えて行くことになります。

またしつけを進めているけど、どうも上手く犬が聞いてくれないと言うことはありませんか?

上手にしつけを教えるためには、犬が聞き取りやすい言葉を使う必要があります。

今日はしつけに使う言葉についてのヒントをお伝えします。

しつけの言葉=コマンドを使おう

オスワリ、マテなど犬に伝える言葉を「コマンド」と呼びます。

犬は人間の言葉そのものを理解する事は難しく、音やイントネーションで聞いているようです。

その為犬にコマンドを教える時は、犬が混乱しないように必ず同じ言葉、イントネーションで繰り返し出す必要があります。

ではその為に使う言葉は、英語と日本語のどちらが適しているのでしょうか?

英語でコマンドを出すメリットとデメリット

基本的に英単語は、日本語と比べると短いものが多く、イントネーションも誰が口に出しても同じです。

例えば「オスワリ」に対して英語ですと「シット」になりますが、口に出してみると言いやすさの違いがわかります。

人にとっても言いやすく、犬にとってはコマンドが短い方が聞き取りやすい為、英語でコマンドを出す方が伝えやすいと言えるでしょう。

ただし日常生活であまり英単語を使うことは少ない為、とっさに口からコマンドが出にくくなります。

普段からしつけに使う英単語を、しつけする人だけではなく家族や犬と関わる人にも覚えてもらわなくてはいけないのはデメリットかもしれません。

日本語でコマンドを出すメリットとデメリット

日本語でコマンドを出すのは、何よりも小さな子供からお年寄りまで知っている単語でしつけができるというのがメリットです。

しかし、しつけを始めたばかりの犬に対しては、「オスワリ」というコマンドで統一しようと思っても、人によって「スワレ」「スワッテ」など言い方が違ってくることがあり、これに注意しないと犬が混乱してなかなかしつけができないことがあります。

またイントネーションについても人によって語尾を上げる、下げるなど変わることがありますが、これも統一しておかないと犬が覚えにくくなる原因となります。

日本語でコマンドを出す場合、しつけする人とその周りの人が同じ言葉を使うことを心がけましょう。

犬との生活環境に合ったものを選ぶ

コマンドを犬に教える場合に共通して言えるのは、必ず同じ言葉を使う、と言うことです。

日本語を使う際にはイントネーションにも気をつけること。

これさえ守ることができれば、コマンドは日本語でも英語でも使いやすい方を選べばよいと思います。

小さなお子さんや、初めてあった人にも犬との交流を楽しんでもらいたいなら、なじみのある日本語を。

できるだけ犬との絆をマンツーマンで持ちたいなら、周りではあまり使われない英語を、など自分と犬との生活環境に合ったものを選んでください。

以上、今回は犬に人間の言葉を理解してもらう為の大事なポイントをお伝えしました。

上手にしつけを進めていく為には、犬にきちんと伝わる言葉を使うことが大切です。

しつけがうまく行かない場合などは、一度コマンドについて見直してみると良いかもしれませんね。

ドッグトレーニング
ドッグトレーニング

関連記事

犬のしつけ

他の犬に吠えてしまう、犬見知りの犬のしつけ方

犬の外でのトイレのしつけ

犬のしつけで音を使うメリット

どうして?トイレで寝てしまう犬、その理由としつけ方

チワワ

犬のしつけ 犬が噛む原因を知ろう

犬

成犬のトイレトレーニングと犬の散歩中に引っ張る時のしつけ方法

犬の外でのトイレのしつけ

犬の外でのトイレのしつけ方法5選