犬のしつけ トイレシートを使ったしつけの方法

子犬のしつけ

トイレトレーニングの大切さ

犬を迎え入れた後、一番最初にするしつけは、やはりトイレのしつけではないでしょうか。

「待て」や、「お座り」などは、おいおい教えていけばいいけれど、トイレだけは犬が家に来た、その当日からはじめる飼い主さんは多いと思います。

確かにそれは正解ですが、しつけの方法を理解せずにやみくもにトレーニングを始めても、犬も人もストレスが溜まるだけですので、まずはしつけの方法をよく理解して、環境を整えてからはじめるようにしてください。

また、散歩に出た時に外で排泄をする犬がほとんどだとは思いますが、室内でトイレを覚えて、外では排泄させない事が本来はマナーです。犬の排泄物は環境破壊にもつながりますので、その点もよく理解していただく事は、飼い主さんの義務でもあります。

その為にも、犬には室内におかれたシーツの上で、排泄をする事を教えていきましょう。

トイレシートを使用したしつけ方法

一番一般的なトイレのしつけ方法をお教えします。

まずは、犬が安心出来るケージと、トイレ用にサークルを用意します。

このサークルは大きさを変えられるタイプの物があると最適です。

普段犬はケージ内で休ませるように習慣づけます。

朝目覚めた時や、ご飯の後、お昼寝の後には、サークルに連れていき排泄するまでそこに入れておきます。この時、あらかじめサークル内にはトイレシーツを引き詰めておきます。

犬がシーツの上で排泄をする事が出来ましたら、思い切り褒めてあげてください。大袈裟な位がちょうどいいです。

排泄が済んだら、サークルの外に出して遊んであげてください。

当分の間は、このサイクルを繰り返します。

そのうちサークル内で排泄する場所がだんだんと決まってきますので、あまり排泄をしない場所のシートを取りつつ、サークルをだんだんと小さくしていきます。

このサークルは、最終的には飼い主さんの好みのサイズのシートの大きさになるまで小さくしていきます。

サークル内のシートの上で、完璧に出来るようになりましたら、サークルは外します。これでトイレのしつけは完了です。

トイレのしつけ 失敗の原因

トイレのしつけに失敗してしまう原因の一つには、飼い主さんの作っている環境に問題があります。

そもそも、トイレの場所を覚えていない犬を、自由に動き回れる環境においておくのがよくないのです。

犬はどこで排泄していいのか分からず、我慢出来ずに自分の好きなところで排泄してしまいます。

するとそこに匂いがついてしまい、犬は再びそこでするようになってしまうのです。

犬の習性を理解する

犬のケージやクレートを設置するのを嫌がる飼い主さんが、最近は多いようです。

「犬を閉じ込めておくなんて可哀想」との声も聞きますが、これは決して犬を閉じ込める為に用意をするのではありません。

犬には、誰にも邪魔されない自分の安心出来る場所が必ず必要なのです。

安心出来る自分の場所があれば、夜もゆっくり休む事が出来て、質の良い睡眠を取る事が出来ます。

人間もきちんと睡眠を取らなければ、勉強や仕事の効率を下がってしまいますよね。

犬もこれと全く同じ事が言えます。犬のしつけをする際にも、日々質の良い睡眠が取れて、身体をゆっくり休む事が出来ていれば、しつけや訓練も効率よく出来るようになり、覚えも早くなります。

人の感覚を押し付ける事はせずに、犬の性質をよく理解して、環境を整える事も飼い主さんの大切な役目です。

ドッグトレーニング
ドッグトレーニング

関連記事

犬の首輪とハーネスの違い

犬の散歩の基本のしつけ

犬のしつけ

他の犬に吠えてしまう、犬見知りの犬のしつけ方

犬

吠える犬のしつけに無駄吠え防止首輪は効果的か?

犬のしつけ方法

トイレシートを使って犬にトイレをしつける

犬の噛み癖のしつけ

犬との生活やしつけに参考になる、オススメ本の紹介

犬

犬がトイレシートを食べてしまう原因としつけ方