犬のお手を英語でしつける方法と食事に関するしつけ方とマナー

犬のしつけ

基本のしつけのお手

愛犬のしつけをする時に、「オスワリ」や「お手」から教える飼い主さんは多いと思います。

この辺は、基本中の基本ですので、子犬頃からしっかりと教えるようにしましょう。

基本とは言いましたが、犬も様々ですので、あっという間に覚える子もいれば、なかなか覚えない子もいます。

でも、毎日根気よく教え続ければ、どんな犬でも必ず覚えてくれますので、諦めずに覚えるまで毎日続けるようにしましょう。

お手の教え方

お手を教える前に、オスワリは覚えているでしょうか?お手をするには、きちんと座った状態で始めないといけませんので、オスワリがまだの場合は、まずそちらから教えるようにしましょう。

ここでは、オスワリは出来る前提で説明させていただきます。

1.自分の正面に犬をオスワリさせる

この時、飼い主さんも犬と同じ目線になるように正面に座ります。

2.自分の手のひらを犬の前に差し出す

手を差し出す位置は、犬がお手をした時に手を置きやすい場所に出します

3.反対の手で、犬の手を自分の手のひらの上に乗せる

目線は手元にやらずに犬の方を見たままです。

4.自分の手のひらの上に、犬の手が乗った瞬間にコマンドを言う

コマンドを言うのは、手が乗った瞬間です。タイミングを外さないように気を付けてください。

5.犬を褒めて、おやつをあげる

自分の手のひらに、犬の手が乗った状態で褒めます。褒めた後におやつをあげてください

これを繰り返し行っていくと、飼い主さんの手の介助がなくても、手のひらを差し出してコマンドを言えば、自然と手を乗せてくるようになります。

ご褒美のおやつですが、だんだんとお手を覚えてくるにつれて、毎回与えていたおやつは2回に1回や3回に1回とランダムにあげるようにしてください。毎回必ず与えていると、おやつがない時にはお手をしなくなってしまいます。

英語でのコマンド

犬のしつけをする時には、煩雑になりがちな日本語で行うよりも、簡潔で統一しやすい英語でするのがおすすめです。

お手を意味する英語のコマンドはいくつかあります。

・Shake(シェイク)

・Paw(ポォ)・・・犬の肉球を意味します

・Hand(ハンド)

例を3つあげましたが、他にも色々とあります。実は犬へのコマンドは、お手だからと言って、手に関する正しい英語でなくても構いません。

極端な話をすれば、お手を「Apple」としても問題ありません。犬へのコマンドはあくまでも指示を促すキーワードですので、常に同じコマンドを使用しさえすれば、どんな単語でも構わないのです。

だからと言って、あまりにも無関係な単語をコマンドにしてしまうと、コマンドが増えてきた時に、飼い主さん自身が度忘れしてしまったり、混乱してしまったりする可能性があります。

コマンドを英語で教える場合には、最初から英語で教えるようにしてください。子犬だから最初は日本語で教えはじめるという飼い主さんがたまにいますが、犬にはそのような配慮は必要ありません。しつけの途中からコマンドを変える事は厳禁です。

しつけが振り出しに戻るばかりか、犬が混乱してしまい、覚える事が出来なくなってしまうかもしれません。

コマンドは家族全員で統一するようにし、語尾に言葉をつけ足したりせずに使うようにしてください。

犬への食事のマナーや与え方を考えたことがありますか?

実は食事の与え方やマナーを教えることで、犬の問題行動の解決やしつけに繋がり、より犬との暮らしを楽しくすることができます。

今回は一度みなさんに見直して頂きたい、犬の食事に関するしつけやマナーについてお伝えします。

犬の生態から見る食事の順番をヒントにしましょう

犬は群れで過ごす生き物ですが、群れには必ずリーダーがいて、食事をする際には必ずリーダーの許可が出てから食事をします。

その為、犬を飼っている家庭で人間より犬の食事を優先して与えてしまうと、犬が自分を群れのリーダーだと認識してしまうことがあります。

そして一度自分がリーダーだと思いこんでしまうと、人間の言うことを聞かなくなり、問題行動を引き起こす可能性が出てきます。

その為犬に食事を与える時は、人間より後に与えるようにしましょう。

食事の与え方のポイントと問題行動

犬に食事を与えるときは落ち着いて食べられるように、犬の性格や食べ方を見て調整しましょう。

食事を与えるとあわてて丸飲みして食べるような犬には、1日の食事を数回に分けて少しずつゆっくりと消化できるようにします。

神経質で食の細い犬は、できるだけ静かな場所であまり人の目線が届かない場所で与えると良いでしょう。

食事中に唸る問題行動のある犬の場合は、何も入れない皿を犬の前に出し、少しずつフードを手で入れるようにします。

そうすることで「手は食事を奪う物ではなく、フードが出てくるもの」と学習させる事ができ、唸ることや噛みつこうとする行動をしつけする事ができます。

覚えておきたい、犬の食事マナー

人間が食事をしている時に、犬が欲しがって吠えたり、机に足をかけたりする事は良くないことです。

普段から食事中は机の下で静かに待てるように「フセ」「マテ」などをしつけておきましょう。

また犬の食事を毎回キッチリ同じ時間に与えていると、犬が時間を覚えてしまい催促して吠えたりするようになりますので、毎回与える時間を変えると効果的です。

一番気を付けたい注意点は、一度でも人間の食事を根負けして与えてしまうと何度も欲しがるようになる為、人間の食事は与えないようにしましょう。

難しい場合は人間の食事中はケージなどに入れることで対応ができます。

このように犬にマナーを守らせるために、人間側も家族全員で犬に対して同じ対応をするようにしましょう。

ドッグカフェを楽しもう

犬と一緒に入れるカフェや施設を利用する場合には、いくつかのマナーがあります。

まず排泄については必ず入店前に済ませるようにし、心配な犬はマナーベルトやオムツをさせるようにしましょう。

入店したらリードを短めに繋いで、他のテーブルや近くの人の方へ行かせないようにします。

そして机の足下に犬を座らせる、伏せさせる等おとなしく待たせるようにしましょう。

ドッグカフェを楽しむためには、普段から人間の食事を欲しがらないようにし、おとなしく待つことや、普段と違う雰囲気の場所でも怖がらずに落ち着いて居られるようなしつけをしておくことが大切です。

犬の食事に関するしつけや与え方などをしっかりと行っておくことで、問題行動を無くす事や、ドッグカフェなどを楽しむことができるようになります。

食事とはただ単に与えれば良いものではありません。

紹介したポイントを参考に、自分の犬の食事について見直してみてはいかがでしょうか?

ドッグトレーニング
ドッグトレーニング

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

どうして?トイレで寝てしまう犬、その理由としつけ方

NO IMAGE

諒設計アーキテクトラーニング口コミ評判

犬の散歩のしつけ

犬のトイレトレーニングの基本としつけ方

犬

人気の犬のしつけ本ランキングとトレーニングに音を効果的に利用する方法

犬のしつけ

犬の散歩時の困った事 解決は無料のしつけ教室を利用しよう

犬のしつけ

犬のしつけに音のCDを使う方法