犬に英語でお手のしつけをする。教える際に注意すべきこと

成犬のしつけ

英語でしつけをする理由とメリット

犬のコマンド(指示)を、日本語で教える人もいれば英語で教える人もいますね。

基本どちらの言葉でも構いませんが、英語は日本語よりコマンドが短く、犬が覚えやすいという理由から、英語で教える人も多いようです。

また、日本語には、意味は同じでも様々な言い方が存在するため、家族間で統一する必要があります。

例えば、[マテ]という号令では、「待ちなさい」「待って」など様々な言い方があり、性別や年齢によっても言葉が変わります。

そのため、指示の内容は同じでも、家族間で言い方が変わることにより、犬は「待ちなさい」も「待って」も全て「マテ」の指示だと覚えなければならなくなり、記憶することがとても難しくなります。

しかし、英語では[stay(ステイ)]で統一することができ、家族間で言い方が変わる心配がないため、犬が覚えやすくなるというメリットがあります。

また、日本語での[マテ]、[コイ]、[ダメ]などのコマンドは、コマンド以外にも日常的に使われる言葉であるため、犬が自分への指示なのか分からなくなる可能性があります。

しかし、英語の場合は、コマンド以外の言葉として使われることがあまり無いため、犬が自分への指示だと分かりやすくなるのです。

英語でのお手の教え方

犬に、[お手]などのトリック(芸)を教える飼い主さんはたくさんいますね。

トリックを教える際に、コマンドは英語でなければならないなどの決まりはありませんが、犬が分かりやすく、関連性のある言葉である必要があります。

というのも、あまり関連性の無い言葉をコマンドにすると、飼い主さん自身が忘れてしまう可能性があるからです。

英語で[お手]を表す言葉はたくさんありますが、Shake(シェイク)、hand(ハンド)、Paw(ポー)というコマンドが一般的によく使われています。

英語での、お手の教え方は以下の手順になります。

①[Shake]と、言いながら犬の前足を持ちます。

②前足を飼い主さんの手のひらに乗せ、おやつを与えます。

①と②を繰り返し、慣れてきたら、[Shake]と言いながら手を出し、犬が自ら前足を乗せてくるのを待ちましょう。

犬が自ら前足を乗せてきたら、思い切り褒めておやつを与えて下さい。

健康面も考え、おやつは徐々に与える回数を減らしていき、その代わり思い切り褒めることを褒美として下さい。

犬にトリックを教える際に注意すべきこと

トリックは、お座りや伏せなどの、いわゆる服従訓練とは違い、必ず教えなければならないものではありませんし、できなくても特に困るものでもありません。
お手やおかわりなどのトリックを教える最大の目的は、愛犬とのコミュニケーションを図ることであり、飼い主さんは、犬が芸を覚えてくれた達成感が、次のしつけの意欲へと繋がります。
また、犬は芸を覚えることで、飼い主さんにたくさん褒められる機会ができ、しつけられる楽しさや褒められる喜びを覚えていきます。
上記のことから、トリックとは、人と犬とが訓練の息抜きとして楽しむために行うものであり、できないからとイライラしたり、犬を叱ってばかりいては本末転倒です。
「そのうちできるようになるだろう」というぐらいの大らかな気持ちでチャレンジしましょう。

ドッグトレーニング
ドッグトレーニング

関連記事

犬のトイレ

犬の散歩をより楽しむ為のしつけと工夫

英語で犬のしつけ方

英語で犬のしつけ【お手の教え方とメリット・デメリット】

犬のしつけの唸り方

引っ張る・吠える・唸る癖のある犬のしつけ方・改善のための2つのポイント

犬がトイレシートを破るのを止めさせたい。しつけで改善させる方法

犬

犬の無駄吠えとトイレシーツを破る問題のしつけ方法

犬の食事の順番のしつけ

犬のしつけのおすすめの本。「著者別」検索