犬が散歩で引っ張り癖のしつけ方法とチワワやトイプードルなど小型犬の噛み癖を直す方法

犬

犬に散歩されている

犬は好奇心旺盛な動物です。特に外に出た途端に本領発揮とばかりに、あちこちに行きたがり、リードを持っている飼い主さんがぐいぐい引きずられている光景をよく見かけます。
これは飼い主さんが犬を散歩しているのではなく、犬に散歩されている状況です。すっかり主導権を犬に奪われているようでは、緊急時や不測の事態に対応できない事があるかもしれません。
そうならない為にも、犬の引っ張り癖は早めに矯正するようにしましょう。

現在の散歩の様子を再確認

引っ張り癖を直す前に、まずは現在の散歩の様子を再確認してください。
引っ張るのは、犬だけの問題ではなく飼い主さん側にも問題が隠れている場合があります。すぐにでも直して欲しいポイントを2点だけ伝えます。

・伸縮リードの使用をやめる
手元で操作して長さを伸縮出来るリードを散歩時に使用している飼い主さんが多いですが、あのタイプの物は散歩の時に使うのは危険です。
端から見た時に「あの犬は1匹で歩いているの?」と勘違いしてしまう程に長く伸ばしている飼い主さんがいますが、急に自転車や車が飛び出して来たらどうするんだろうかと思います。
飼い主さん側で急にリードを引いたりすると、ロックが外れてしまう場合もあります。
特に引っ張る犬の散歩には使用すべきではないです。

・長いリードでの散歩をやめる
同じく長いリードを使用している事も原因の一つです。飼い主さんと犬の距離が遠すぎで、犬が自由になり過ぎなのです。
散歩時には、犬は飼い主さんのそばに寄り添っているのが理想です。リードの長さは、飼い主さんの手元から犬の首輪までの長さに少したるむ位の長さがある程度の短い物で十分です。

引っ張り癖を直す方法

散歩の最中ですが、犬と飼い主さんの距離は手を伸ばせばすぐに触る事の出来る距離がベストです。
付けるリードの長さは、長くても1mあれば十分です。
引っ張り癖のある犬です、歩き出した途端にすぐに引っ張るでしょう。飼い主さんがその時にすかさず禁止のコマンドを出して立ち止まります。
いつも自由にさせてくれているのに、突然そのような事をしたら犬も驚き引っ張るのをやめると思います。引っ張るのをやめて側に寄り添ってきたら、今度はすかさずそこで褒めてあげます。
そして再度歩き出し、引っ張ったらまたコマンドを出して立ち止まり、寄り添ってきたら褒めるのを繰り返し行います。
そのうち犬も、飼い主さんを引っ張ると散歩に行かれないという事に気が付きます。ただし、気が付くまでにはかなりの時間がかかる犬もいますので、諦めずに淡々と続ける必要があります。

散歩の時間は不規則に

これは犬の心理に働きかける方法の一つですが、散歩に行く時間は毎日決まった時間ではなく、不規則にしてください。
飼い主さんにも生活のリズムがありますから、どうしてもほぼ決まった時間での散歩になるかと思いますが、毎日同じ時間にしていると犬にもそのリズムが付いてしまいます。
すると自然とその時間になると、散歩を催促するようになってきます。
いつもの時間に催促されれば自然と飼い主さんもそれに応じると思いますが、それでは主導権が犬にある事になってしまいます。
散歩の時間を不規則にする事により、散歩は飼い主さんが決めた時に行けるんだという主導権をしっかり飼い主さんが持つようにします。
そうする事により、外で出す禁止のコマンドにもだんだんと従うようになってきます。

チワワに多い「噛む」習性

チワワのイメージといえば

・小さい

・か弱く、震える

・バックに入れ、どこでもいつでも一緒に出掛ける事が出来る

・大人しい

・賢い

といことづくめの様に日本では思われています。しかし、実際には、「家の中でネズミ捕り」を仕事にしていた歴史もあり、勇敢で非常に勝気で、気性の荒い面もあります。

もちろん、多少のことではひるまず、相手から攻撃を受けた場合は反撃に出る強さももっています。

その為、小さな外見からチワワの行動を過信し、十分なしつけをしないまま成長してしまうと、将来「噛む」事で意思表示をする手に負えない事態に陥る事もあります。

また、日本ではその小ささから「世話が楽」「散歩の時間が短い」とされ、小さな子供の遊び相手にもちょうどいいと考えられることも多々ありますが、実際のチワワは警戒心、反抗心が非常に強く、マイペースな性格で決して子供の相手に適した犬種ではありません。

チワワの噛みつきへの正しい対処

チワワの噛みつきには、

・幼犬期の一時的な甘噛み

・突発的に起こる「拒絶」の意味を持つ噛みつき

・威嚇行動を経ての「攻撃」の意味を持つ噛みつき

があります。

いずれの場合も、体の小さなチワワの場合、相手への力加減をする事なく本気で噛むことが多く見られます。

この場合、本来「負けん気が強い」「反撃心のある」チワワを「叱る」「無視する」という方法では、あまり効果がありません。

例えば、飼い主に叱られた場合のチワワの行動パターンは

・さらに強く噛む

・そっとその場から逃げる(いったんは退避するものの、反撃の機会をうかがう。飼い主の見ていない場所で、オシッコをするなどの反撃をする事もあります)

・安全な場所へすぐに逃げ込む(ハウスなど)

があります。

つまり、一旦は安全な方法を選びつつも、本来の「噛む」という行動が根本的に改善されているわけではないので、同じような場面に遭遇すれば、何度も「噛む」様になります。

また、「噛む」という行為に出ても相手が動じないと感じると益々行動はエスカレートし、噛む時の力加減も強まっていきます。

その為、噛む癖のあるチワワのしつけには

・音で驚かす

・物理的に不可能にする

の2つの方法が効果的です。

飼い主の手を噛もうとする場合は、チワワに気がつかれないように「音」の出る物を用意し、噛みつきの瞬間に鳴らし、驚かせます。犬が不快に感じる音には

・空き缶に石などを詰めた物をかき鳴らす

・ペットボトルをつぶす時に出る「ベコ」っと凹む音

・音を鳴らしながらしぼむ風船

等があります。

これらを上手に活用し、正体不明であることで恐怖心をあおる事、反撃しようにも正体がわからず反撃できない状況を作り出します。

チワワの噛みつきへの誤った対処

小さなチワワとわいえ、噛まれると想像以上に痛みがあります。またリードの着脱や爪切り、シャンプーなど日常的に必須の世話の度に噛みつかれてしまうと、飼い主といえでもつい感情的になるのも当然です。

しかし、噛みついてきたチワワを飼い主が「叩く」という方法でいさめても、実際にはまるで効果がありません。

チワワは相手から攻撃を受けたと理解し、さらに行動をエスカレートさせるだけです。

チワワは「噛む」ことの多い犬種

小さく、か細いチワワは、実は多くの犬種の中でトップクラスに「噛む」確立の高い犬種です。子犬のうちから基本的なしつけをしっかりと行う必要があります。

トイプードルに多い「噛む」理由

トイプードルといえば、数ある犬種の中でもトップクラスに高い知能を持つ犬です。

その為、本来であればむやみに相手を攻撃したり、感情的な行動に走る事も少ないものです。しかし、

・親離れが早すぎた

・成長期に兄弟や仲間との触れ合いを経験していない

・シャンプーやブラッシングなどのお手入れ嫌いが高じて、トラウマになっている

・生活環境を理由とする過度なストレスがかかっている

場合には、突発的で、非常に強い「噛む」という行動に出ることがあります。

中でも意外に多いのは「トリミング嫌い」を理由として噛みつきです。

トイプードルは生後3カ月頃から、本格的なトリミングを受ける様になります。しかし、遊びたい盛りで、まだ体力も十分でない子犬にとって、たとえ必要不可欠な被毛のケアであっても、長時間テーブルの上に立ち、前身を触られる事は決していい経験ではありません。

中には、被毛がブラシに絡まったり、爪切りの為に押さえつけられる事で相当なストレスを感じてしまうこともあります。

この経験が度重なると次第に

・飼い主以外に体を触られる事を以上に嫌がる

・体の特定の部位に人間の手が近づいただけで、攻撃的な態度をとる(特に多いのは、顔や耳)

・トリミングショップや動物病院で過剰に暴れ、冷静さを失ってしまう

という事もあります。

中には、口輪やエリザベスカラー失くしては、お手入れが出来ないというほどに興奮する犬もいます。

もちろん、トイプードルにとっても、なんどもブラシが絡まり、その都度被毛を引っ張られ、痛みがあるのですから、このように行動がエスカレートしてしまうのも仕方がない部分もあります。

トイプードルの噛みつきへの正しい対処

トイプードルの噛むという行動へ正しく対処するには、トイプードルの知能の高さを上手に活用すると効果があります。

・トリミング時は、オヤツを持参し、トリミング後に担当のトリマーからオヤツを与えてもらう

・トリマーはベテランで子犬の扱いに慣れている人に依頼する

・トリミングの手順を犬自身が理解し、十分な体力がつくまでは、カットはごく簡易的なスタイルにし、極力作業時間を短くする

・日ごろから家庭でブラッシングや全身のマッサージ、爪切りを行い、トリミングが決して不快で、危険な行為でない事を理解させる

という事を繰り返しましょう。非常に知能の高い犬種なので、担当トリマーとの相性、店への不快感を一度抱いてしまうとなかなかリセットできないものです。過剰に愛犬が拒絶反応の示す場合は、利用店舗の変更や担当者の変更が必要なこともあります。

トイプードルの噛みつきへの誤った対処

トイプードルが噛むという行為に出た場合は

・叩かない

・長々と叱らない

・驚かせたり、怖がらせたりしない

事が基本です。非常に知能が高く、繊細な性格の犬種なので、これらのしつけも「不快な行動」と捉え、益々ストレスが増え、「噛む」という問題行動の頻度があがります。

叱る時は

・短い言葉で

・噛みついた瞬間に

・一言だけ

を心掛けておきましょう。

トイプードルは考えてから「噛む」犬種

トイプードルの「噛む」という行動には必ず何等かの「理由」「原因」があります。むやみに叱るのではなく、その理由や原因を突き止め、効率的に対処する事が効果的です。

ドッグトレーニング
ドッグトレーニング

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

百害あって一利無し?犬を叩くしつけ方

犬を叩くしつけは間違い

犬のしつけの第一歩。トイレトレーニングを成功させる方法

犬

犬のしつけ 吠える犬・噛む犬の原因を探る

チワワ

噛み癖を直すしつけ 噛み癖の多いチワワ

犬

犬のしつけ 英語のコマンドのメリット

NO IMAGE

日本生活環境支援協会口コミ評判