犬がトイレシートを食べてしまう原因としつけ方

犬

犬のトイレのしつけで困ったことはありませんか?

よく聞くのは「トイレシートを噛んで食べてしまう」お悩みです。

今日はトイレシートを食べてしまう犬について、対応としつけ方をお伝えします。

犬の健康状態や食事の内容を見直ししましょう

トイレシートを本当に食べる犬はあまりいません、よほどの飢餓状態か異食症という病気の場合もあります。

健康状態を確認し、食事量が十分に足りているかどうか見直ししましょう。

また実際たべてしまった際には、消化不良や何らかの体調不良を引き起こす場合がありますので注意が必要です。

犬の精神面や何らかのストレスが原因の事が多い

犬がトイレシートを食べてしまうのには、何かしらの理由があります。

とても元気で体力がある犬は、運動量が足りず退屈する為にトイレシートを食べてしまう可能性があります、その際はしっかりと運動させ遊んであげると改善されることがあります。

おとなしい性格で、大きな物音や外の音を怖がるような犬の場合は、普段過ごす場所を静かで落ち着く場所に変えることで、ストレスが無くなり噛むことを止める場合があります。

また子犬の場合は飼い主に構って欲しくてイタズラする事があります。

ペットシーツを食べる→飼い主が騒ぐ→構ってもらえた、嬉しい!と犬が認識してしまうと、食べたくなくても食べてしまうことがあります。

犬がペットシーツを食べているのを見つけても、騒がず、声をかけずにオヤツやおもちゃなどで気を引き、さっと片づけてしまうのが良いでしょう。

トイレシートを食べない工夫と、代わりに噛んで良いものを与えましょう

トイレシートの上にホームセンターなどで金網などを購入し、載せる事でトイレシートをイタズラしにくくする事ができます。

また市販のトイレトレーにも、イタズラ防止の網パーツが付いているものもありますので、これらを使ってみましょう。

同時に、犬には噛んでも良いおもちゃや堅いガムなどを与えましょう。

トイレシートよりも噛むのが楽しいものを与え、それに興味を示したら良く褒めてあげることでトイレシートを噛まないようにしつけていきます。

排泄の間隔を掴み、コマンドでのトレーニングを行いましょう

成犬の場合は、1日のうちで排泄をするタイミングはほぼ決まっています。

食事の後やケージから出した直後、軽い運動の後など普段自分の犬がどのタイミングで排泄をするか、掴んでおきましょう。

タイミングが掴めればトイレの場所をサークルなどで囲い、普段は入れないようにして、犬が排泄をしそうなタイミングでのみトイレに入れます。

その際に「ワンツー・ワンツー」などの声を排泄するまでかけ続け、上手く排泄をしたら大げさに褒めてあげましょう。

これを排泄のタイミングの度に行うことで、犬は「ワンツー」という言葉を聞くと、トイレに行って排泄しなくてはいけないのだな、と学習します。

このようにコマンドでのトレーニングができると、トイレシートを食べてしまうタイミングは無くなりますので、しつけは大成功です。

トイレシートを食べてしまうことは犬の体への影響を考えると、早急に止めさせたい問題です。

今回紹介したように原因をしっかり見極め、できる範囲からしっかりとしつけをして行きましょう。

ドッグトレーニング
ドッグトレーニング

関連記事

犬の首輪とハーネスの違い

効果的な、犬の散歩方法のしつけ方は動画学習

犬の食事の順番のしつけ

犬に家族の「順番」を教えるべき。家庭内序列の考え方、接し方

犬の嫌がる音とは?音に慣れさせるためのしつけについて

犬

犬がトイレを覚えない時の効果的なしつけ方法

犬

子犬がトイレトレーで寝てしまう時やトイレシーツを食べる時のしつけ方法

犬

犬のしつけ 掛け声を英語にするメリット