犬がトイレシートを破るのを止めさせたい。しつけで改善させる方法

騒ぐ、叱るは逆効果になる可能性が高い

愛犬がトイレシートをビリビリに破いている姿を目の当たりにしても、騒いだり、叱ったりしないことが大切です。

飼い主さんが「キャー!何してるの!」などと騒いでいる様子を、犬が「構ってくれてる」と勘違いし、「トイレシートを破れば飼い主さんが遊んでくれる!」と間違った解釈をしてしまう可能性があるからです。

また、犬を叱る時は[現行犯]が原則であり、トイレシートを破ってしまった後から叱っても効果が無いばかりか、なぜ叱られているのか分からない犬は、トイレシートで排泄をすること自体を拒否するようになってしまうことも考えられます。

上記の理由から、いたずらをした犬に対して、騒ぐ、叱るという行為は、逆効果になる可能性があり、また、仮に現行犯で見つけたとしても、犬は遊んでいるつもりで悪気が無いため、叱り方が難しいのです。

では、どのような対処をしたら良いのか。答えは[無視]です。

ビリビリに破れたトイレシートを処理する際に、犬が構って欲しそうな素振りを見せても、目を合わせることなく完全に無視をして黙々と片付けて下さい。

飼い主さんに関心を示してもらえないことは、犬にとって何より辛いことであるため、無視はしつけにおいて一番の罰になるのです。

犬がトイレシートを破る理由から対策を考える

犬がトイレシートを破る理由は、①遊び②ストレス。のどちらかだと言われています。

①遊びの場合

トイレシートで遊ぶ行為は、主に好奇心旺盛な子犬に多く見られます。

シートを噛んだり掘ったりして遊んでいるうちに破れてしまい、中から綿が出てくることで更に楽しくなってしまたということが考えられます。

このような場合、代わりのおもちゃを与えることが効果的です。

まず、破れたトイレシートを先ほど記載した通り、子犬を無視しながら黙々と片付けた後、子犬におもちゃを与えて一緒に楽しく遊んで下さい。

子犬に「おもちゃで遊んだ方が楽しい」と思わせることで、関心をトイレシートから、おもちゃに移していきましょう。

②ストレスの場合

成犬でのトイレシートへのいたずらは、遊びではなくストレス発散のためにしている可能性が高くなります。

主に飼い主さんが長時間目を離す留守番時に問題行動を起こすことが多く、留守番の寂しさや退屈などをトイレシートを破ることで紛らわしていると思われます。

このような場合は、飼い主さんとのコミュニケーション不足が関係していることが多いため、愛犬の好きな遊びなどを通して沢山触れあうよう心掛け、愛犬との関係を改善していきましょう。

また、運動不足などもストレスの原因となることがあるため、いつもより散歩の量を増やすなど適度な運動をさせることも大切です。

しつけグッズを使用する

犬のトイレシートへのいたずらを防止するために、市販のしつけグッズなどを利用してみるのも有効な手段です。

なかでも、トイレトレーの[蓋]部分が網状になっている[蓋付きのトイレ]は、使用している飼い主さんも多く、蓋をシートの上に重ねることで、犬が直接トイレシートを触ることができなくなるため、シートへのいたずら防止に有効だとされます。

他にも、シート自体が破れにくい素材でできている物や、舐めると嫌な味がするスプレーなど様々な物があるため、愛犬の性格に合わせて試してみるのも良いかもしれません。

ドッグトレーニング
ドッグトレーニング

関連記事

犬のしつけ方法

散歩中に吠える犬のしつけ方

子犬の噛み癖のしつけ方

本気で噛む犬のしつけ方、叱り方。怪我を未然に防ぐ方法

犬

「吠える」犬に「首輪」は効果あり?効果なし?無駄吠え解決法

子どもが犬をしつける方法

英語で犬をしつける方法10のポイント【子どもでも簡単にできる!】

犬

犬が唸る場合のしつけ方法と首輪とハーネスの違い

犬

犬のしつけ 英語のコマンドのメリット