犬がトイレシーツを破る時のしつけ方法と失敗する理由

犬のしつけ

犬がトイレシートを破る原因

犬のトイレトレーニングの際にも、本当に重宝するトイレシート(ペットシーツ)ですが、気がついたら犬がビリビリに破いてしまっていたということがあるものです。

子犬には、何でも噛んでしまう癖がありますので、トイレシートがその“えじき”になってしまうことだって起こりえます。

また、子犬は何でも興味を持ちますので、目の前にあるトイレシートが気になって、ばらばらに噛みちぎってしまうことだって起こるのです。

犬がトイレシートを破ってしまう原因には、大きく分けて2つあると考えられています。

① トイレシートを噛みちぎりバラバラにするのが、楽しいのでする。要するに、面白がってやっている。

② 散歩が足りなかったりして欲求不満の状態で、トイレシートを噛みちぎることで不満を解消しようとする。つまり、ストレス解消のため、トイレシートに当たって、バラバラにしている。成犬の場合であれば、こちらの原因が当てはまることが多いでしょう。

その他、トイレシートのにおいが気になるので破るという場合もありますが、上記の2つが大きな原因と考えられます。

トイレシートを破るときの対処法

犬がトイレシートを破るときの対処法としては、以下のようなものがあります。

対処法1―トイレにメッシュの蓋をつける

特に子犬が面白がったり、いたずら心からトイレシートを噛んだり破ったりできないようにするためには、トイレに専用のカバーをすることが効果的です。

メッシュの蓋がついたトイレトレーが市販されていますので、そのトレーの中にトイレシートを入れて使うことで、犬がシートを噛んだり、破ったりすることができなくなります。

ただ、この場合には、メッシュに排泄物が付着することになりますので、においが多少気になるかもしれません。なので、こまめに掃除することが必要となるでしょう。

蓋が邪魔をしてトイレシートに触れることができなくなると、子犬もトイレシートに執着することはなくなります。トイレシートを面白がっていた犬には、何か他のおもちゃを与えるようにしてあげるといいでしょう。

対処法2―高強度のトイレシートを使う

また、犬が噛んでも簡単に破ることができないような強度を持ったトイレシートを使用するという方法もあります。特殊加工が施された布製の、何度でも洗って使えるトイレシートがそれです。

犬が噛んでも簡単には破れないので、犬にとっては遊ぶ面白さがなくなってしまい、いずれトレイシートにいたずらをしなくなるでしょう。

対処法3―十分に散歩し、構ってあげる

また、欲求不満やストレスのある犬であれば、散歩に連れて行ってあげることで、トイレシートに当たることがなくなる可能性が高くなります。

十分な散歩に連れて行ってあげるようにすることが有効な対処法となるでしょう。特に成犬の場合には、この対処法が効果を発揮する場合が多いのではないでしょうか。

さらに、散歩に加えて、犬に十分構ってあげるようにすることがストレス解消に繋がることがあります。犬と心ゆくまで遊んであげるようにすることも有効な対処法でしょう。

対処法4―犬の嫌がるにおいや味をつける

あるいは、トイレシートに犬が嫌がるにおいや味のするスプレーを振りかけるというのも有効な方法のひとつです。

犬のための噛み癖対策用「ビターアップル」や人間が使う爪噛み防止用「バイターストップ」、あるいはハッカ油を水で50倍から100倍に薄めたスプレーなどをトイレシートに振りかけることで、犬はそのにおいや味を嫌がって噛むのをやめるはずです。

“現行犯”で見つけたときには「ダメ」と教える

もし犬がまさに破っているところに遭遇したときには、「ダメ」と言って、犬をトイレシートから引き離してください。そして、離れた瞬間に「よし」と言いながらほめるようにしてあげてください。

トイレシートを破っていないときにも、時折、犬の口のところにわざとシートを持っていっては「ダメ」と教え、シートから離しては「よし」とほめる行為を繰り返すようにすれば、犬はシートを破ることがよくないことだと覚えてくれるはずです。

ですが、トイレシートを噛みちぎる、破るという問題行動に対しては、トイレシートが噛めないような物理的な対策を講じることがもっとも効果的です。

ただ、散歩や構ってあげることを十分にしてあげることで、犬のストレスが解消されますし、なにより犬を疲れさせることがトイレシートを破る犬のエネルギーを減らすことにもなるということも決して忘れないようにしてください。

子犬が何度も色々な場所でトイレをする理由

子犬のトイレトレーニングの失敗、お悩みといえば

・何度も同じ場所でトイレをする(トイレシート以外の場所)

・クッションやソファー、ベッドなど飼い主の居場所でトイレをする

・叱ってもなかなか効果がない

・少量ずつ、色々な場所でトイレをする(カーペットやキッチンマットなど)

などが多くあげられます。

このような失敗を繰り返す理由は、子犬が飼い主に対して「確認作業」を繰り返している為です。

子犬の思考回路では

・このクッションでトイレをした場合は叱られたが、もう一つのクッションではどうか?

・前回怒られた場所より5cmズレた場所でトイレをした場合はどうか?

・父親の布団でトイレをした場合は叱られたが、母親の方はどうか?

などほんのわずかな違いを見つけ、その都度叱られるかそれとも褒められるかを確認して回ります。

しかし、この行動を繰り返すには、飼い主が常に子犬の行動を意識し、叱り続けなければならず、相当なストレスになります。子犬がなぜ、このような失敗を繰り返すのかを理解しておくことも、トイレトレーニングを早期に完了させるうえでは必要な事です。

飼い主に隠れた場所でトイレをする理由

子犬のトイレトレーニングの失敗には、下記のケースもあります。

・カーテンの陰に隠れてトイレを済ませる

・飼い主のいない場所、見ていない時にトイレを済ませる(廊下や家具のかげなど)

・留守中にトイレを何度も失敗する

などです。

このような失敗を繰り返す原因は

・飼い主が過剰なまでに厳しく叱っている

・叱るタイミングを間違えているので、子犬がトイレをする事に委縮している

・正しいトイレの場所を子犬が認識出来ていない

などです。

生後一年未満の子犬にトイレトレーニングのしつけをする場合は「叱る」より「褒める」事が多くなるよう心掛けることが基本です。褒める事を多くする方が、子犬の理解度が高まり、よりスムーズにトイレトレーニングを進める事が出来ます。

何度教えても子犬のトイレトレーニングが失敗する理由

様々な理由から、何度教えても子犬のトイレトレーニングのしつけが失敗する場合は、もう一度基本に立ち返る、トイレトレーニングのしつけをリセットする事から始めます。

・子犬の行動範囲を制限し、5~10分おきにトイレへ誘導します

(サークルから子犬を出し遊ばせる時は、2m四方に行動範囲を狭め、その中で遊ばせます。トイレから遠く離れてしまうと、トイレに戻る事が出来ません)

・トイレは寝起き、食後、軽い運動の後にもよおします。このタイミングで出来る限りトイレが成功出来る様にトイレに誘導をします

・トイレが正しい場所で出来た時は、その場でご褒美を与え、十分に褒めてあげます

・遊びの最中に自らトイレへ戻り、済ませる事が習慣化されてきたら、少しずつ行動範囲を広げます。

・再度トイレを失敗する場合は、行動範囲を元に戻します

・失敗した場合は、厳しく叱らずに正しいトイレの場所に誘導させるだけで済ませます

・失敗後のトイレを片付ける最中は子犬を無視し、目を合わせたり、声を掛けたりはしません

・失敗後しばらくは、子犬との遊びを中断し、ハウス内で静かに過ごさせます

子犬のトイレトレーニングの失敗理由

子犬のトイレトレーニングのしつけは、それぞれに進捗度合いの差があります。無理に早く完了させようとせず、失敗をしたら基本に戻るを心掛け、根気強く教えてあげましょう。

ドッグトレーニング
ドッグトレーニング

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

犬を叩くしつけは間違い

英語で行う犬のしつけと基本のフレーズ

音を利用した犬のしつけ用グッズの活用法

犬の食事の順番のしつけ

犬のしつけは食事の順番が大事!効果的なしつけ方法3選

子犬は「音慣れ」しつけが大切。自作の生活音CDで簡単しつけ

犬のトイレのしつけ方法

他の犬に「吠える」場合のしつけ方。知育玩具を使った対処法

チワワ

犬の問題行動は、早期解決が必須。問題別対処法