犬がトイレで寝る理由。トイレで寝ないようにしつける方法

子犬のしつけ

トイレで寝ることは子犬の時期に多い

トイレで寝るという行動は、特に子犬の時期に多く見られ、成犬になるにつれ無くなっていくことが殆どです。

しかし、トイレで寝るという行為は不衛生であるため、できれば早く止めさせたいという飼い主さんも多いと思われます。

まず、犬が寝てしまう理由を知ることで解決策を考えていきましょう。

犬がトイレで寝る理由として、以下のことが考えられます。

①トイレと寝床の区別がついていない

子犬の時期は、トイレと寝床の区別がつかないという理由から、トイレで寝てしまうことが多いのです。

②トイレトレーニング時に間違った解釈している

トイレトレーニング中の子犬が、トイレシートの上に乗った際に飼い主さんに褒められたことを、[トイレにいれば飼い主さんに褒められる]、[構ってもらえる]と勘違いしているというものです。

③トイレの居心地が良い

トイレシートの感触や肌触りが犬にとって気持ち良いなど、寝心地の良さからトイレで寝てしまうことがあるようです。

④寝床の位置

寝床よりトイレの方が位置的に飼い主さんの寝ている場所に近ければ、飼い主さんに近づくためにトイレで寝ることもあります。

トイレで寝ないためのしつけと対策

①クレートトレーニングを行う

トイレのしつけの際、クレートトレーニングを同時に行うことで、犬がトイレと寝床の区別をつけやすくなります。

クレートトレーニングとは、犬がクレート内で過ごす練習のことであり、これによりクレートをハウス(寝床)と早く認識するようになります。

犬はもともと洞穴のような、狭く囲われた場所で暮らしていたため、フラットなタイプのベッドよりも洞穴に近い形であるクレートは、犬が寝床と認識しやすく、安心する場所でもあります。

②トイレと寝床を完全に分ける

犬はトイレから離れた場所を寝床とする習性があるため、ケージ(サークル)内にトイレと寝床が並んで置いてある場合、それを寝床と認識できない可能性があります。

ケージ内はトイレのみとし、寝床はクレートにするなど、トイレと寝床を完全に分けると、犬も区別がつけやすくなります。

③トイレの居心地を悪くする

トイレシートの感触が気持ち良くて寝てしまう場合、シートの素材を厚手の物から薄い物に変えたり、トイレトレーの蓋を網状の物にしてみたりと、犬のお気に入りの場所で無くするのも一つの方法です。

成犬がトイレで寝る場合は寝床が暑い可能性

トイレで寝ることは子犬の時期に多く見られますが、成犬になってもトイレシートの感触が好きな犬は、トイレで寝てしまうということがあります。

しかし、いつもはきちんと寝床で寝ていた成犬が急にトイレで寝だしたら、[寝床が暑い]という可能性があります。

特に夏などによく見られる行動で、[トイレが冷たくて気持ち良い]という理由から寝てしまうのです。

このような行動が見られたら、ペット用のクールマットを寝床として与えるなど、寝床を快適にする工夫をしましょう。

クールマットには、ジェル状の物から大理石やアルミでできた物など様々な材質の物があり、犬の性格によって向き不向きがあります。

例えば、ジェル状の物は噛む犬には不向きであり、大理石やアルミなども好みが分かれるため、場合によっては上に乗りたがらない可能性もあります。

クールマットの他に、エアコンと扇風機の併用や、寝床の位置を日が当たらない場所に移動するなど、犬が寝床で快適に寛げる様に工夫することが大切です。

ドッグトレーニング
ドッグトレーニング

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

犬

犬のしつけ 教えていくベストな順番

犬

犬の無駄吠えとトイレシーツを破る問題のしつけ方法

犬のトイレのしつけ・トイレシートの効果的な使い方

英語で犬のしつけ方

完全屋外型のトイレのしつけ法

犬にコマンドを英語で教える。[おかわり]を英語で教える方法

英語で犬のしつけ方

英語で犬のしつけ【お手の教え方とメリット・デメリット】