犬にとっては無駄ではない?無駄吠えの上手なしつけ方

飼い主にとっていつまでも犬が吠え、叱っても鳴き止まないととても困りますね。

しかし犬はどうして無駄吠えをするのでしょうか?

今回は無駄吠えの原因や犬の気持ち、上手なしつけ方のヒントをお伝えします。

無駄吠えは犬にとっては「無駄」なのか?

よく問題になる無駄吠えのパターンがいくつかあります。

飼い主以外の人や犬に吠える・呼び鈴に吠える犬は、人や犬が怖くて吠える、自分のテリトリーや家族を守ろうとする「恐怖・警戒」の気持ちで吠えます。

また部屋から飼い主が居なくなる、外に繋ぐと吠える犬は「離れたくない、不安」な気持ちで吠えています。

最後に飼い主が帰宅すると嬉しくて吠える、食事や散歩を催促して吠える犬は「構って欲しい、不満」な気持ちです。

このように、犬が吠えるのにはそれぞれ理由があり、犬側から見れば無駄に吠えているという事はありません。

飼い主にとっては迷惑ですが、犬が吠えている理由を考え、それぞれに合わせた対応やしつけをして行くことで「吠えなくても大丈夫だよ」と教えていくことが大切です。

吠える理由や犬の性格に合わせた対応で解決する場合も

「恐怖・不安」からくる無駄吠えには、普段から見知らぬ物や家族以外の人との接触が少ない為に起こる場合もあります。

そういう場合は犬を色々な人や物、場所に慣れさせておくことで吠えなくなることもありますので、散歩や休みの日には積極的に犬を色々な場所に連れて行き、色々な人や犬と接してどこに行っても怖がらない、誰とでも接する事ができる社会性の豊かな犬に育てましょう。

また運動量や食事量が足りずにストレスから吠える犬の場合は、散歩の時間を増やす、飼い主としっかり遊ぶ時間を作る事や、食事を増やすなどの見直しをする事で無駄吠えが無くなる場合もあります。

しつけの基本、アイコンタクトを強化しましょう

どんなに吠えていても、飼い主が呼べば目を見て側に来るようにしておけば、無駄に吠える場面は無くす事が出来ます。

その為に普段から「アイコンタクト」のしつけをしておきましょう。

方法は、犬がリラックスしている時に名前を呼び、飼い主の目をきちんと見たら良く褒めてご褒美を与えます。

最初はオヤツなどのご褒美を使っても構いませんが、きちんと出来るようになれば褒めるだけでも大丈夫です。

これを繰り返すことで、犬が「飼い主に名前を呼ばれたら側にいけば良いことがある、褒められるぞ」と学習し、吠えている時にも飼い主が呼べば止めるようになります。

吠えたい行動をコントロールしましょう

犬の中には吠えるのが好きな犬もいます。

そういった犬には「吠えろ」「ヤメ」というコマンドを教えておくと良いでしょう。

「吠えろ」というコマンドで好きなだけ吠えさせて「ヤメ」で止めさせる事ができれば、吠えて欲しくない場面でも「ヤメ」の一言で止めることが出来ます。

このように、犬が吠えるのには必ず理由があります。

まずは吠える原因を根本的なところから対処し、それでも吠えてしまう場面では、飼い主がアイコンタクトや色々なコマンドを組み合わせることで、吠えることをコントロールしましょう。

その為には普段からしっかりと犬と向き合って、飼い主の指示に犬が従えるようにしつけをしておく事が大切です。

ドッグトレーニング
ドッグトレーニング

関連記事

犬

「吠える」「噛む」飼い主がお手上げになっている犬のしつけ方

便利なしつけ用トイレシートを活用した子犬のトイレしつけ法

犬の散歩

音を利用した犬のしつけ・しつけ用アプリの活用法

犬

犬には首輪とハーネスどちらがいいの?

英語で犬のしつけ方

完全屋外型のトイレのしつけ法

犬

犬のしつけ 教えていくベストな順番