散歩中に犬が吠える時のしつけ対策方法と人気の犬のトレーニング動画

犬

犬はなぜ吠えるのか

犬が吠えるのを止めさせるためには、犬がなぜ吠えるのかを知る必要があります。
多くの場合、その原因は飼い主の側にあります。
犬が吠えるのは、犬の本能によるところが大きいです。
例えば、来客のインターホンに反応して吠えるという場合はどうでしょう?
犬は外敵が襲ってきたかもしれないと本能的に感じ取り、不安に感じたり威嚇するために吠えているかもしれません。
この場合、飼い主さんが「インターホンは怖いものではない。不安になる必要はない」ということを教えてあげなければいけません。
色々なケースがありますので絶対とは言えませんが、多くの場合犬が悪いわけではありません。
犬を不安にさせている飼い主さんが悪いのです。

犬のしつけの基本は褒めること

犬のしつけにおいては、「褒めて伸ばす」ことが主流になっています。
犬はもともと集団生活をする動物ですので、飼い主が喜ぶことをする習性があります。
そのため犬をしつける時には、
・して欲しいことをしたら、大げさなくらい褒める
・して欲しくないことをしたら、無反応
というのがセオリーです。
これによって、人間にとって都合の悪いこと、つまり無駄に吠えるということをしなくなるのです。
「吠えても喜んでもらえないから、吠えるのを止めよう」と、犬に思わせるのです。
犬が吠えても無反応でいるのは、根気のいることかもしれません。
でも、犬は頭の良い動物です。
一度覚えてくれればその後ずっとこちらの言うことを聞いてくれるようになります。

なぜ犬を叩いてはいけないのかの理由

犬を叩くと、どういうことが起きるのでしょうか?

叩かれた犬は、一時的には吠えるのをやめるかもしれません。
でも、時間が経てばまた同じことを繰り返したり、時に吠え癖がひどくなることもあります。
犬は叩かれると飼い主に恐怖を感じるようになります。
ここで、飼い主さんと犬の信頼関係が崩れてしまいます。
最初にお話しした通り、犬は集団生活をする動物です。
集団の中のリーダーを信頼できなくなると、すべての行動において言うことを聞かなくなってしまいます。
飼い主さんに反抗するようになったり、逆に怖がっていつも部屋の隅にいるようになったりすることもあります。
それだけでなく、小型犬の場合は叩いた拍子にケガをしてしまうこともあります。
チワワなどの小さな犬を人間の力で叩いたら、骨折することだって考えられます。
犬を叩くということは、しつけの面でも、犬の健康面でも良くないことなんです。

犬を叩くのが必要な場合もある

ここまで、犬を叩くことに対して否定的な内容をお話ししてきましたが、例外はもちろんあります。
あくまで基本はほめてしつけることですが、場合によっては「手を出す」ことが必要になるかもしれません。
例えば、大型犬などは力が強く、人間に襲い掛かったら命に関わることもあります。
また、普段は言うことを聞くのに時には何度言ってもきかないという場合もあります。
様々なケースが考えられますが、「緊急性が高い時」や「命に関わるとき」には、叩くことが効果的なこともあります。
ここで注意したいのが、
・頭やお尻を叩かず、鼻やマズルを叩く
・タイミングよく叩き、だらだらと叱らない
・ドッグトレーナーなど、専門家に相談する
ということです。
叩くときは、鼻をデコピンのように叩くか、マズル部分を叩いたり掴んだりした方が良いと言われています。
頭やお尻を叩くと、犬がケガをしてしまう可能性があるためです。
また、犬はタイミングよく叱らないと、なぜ叱られているか分からなくなります。
問題行動が起こった時に、間髪入れずにタイミングよく叩くようにしましょう。
大型犬の場合は力が強いので、こちらも力で対抗した方が良い場合もあります。
犬の体を横に倒してマズルを抑え、体の上に乗って抑え込むということも効果的です。
こうすることで、飼い主の方が立場が上だということを分からせるのです。
そして、実は一番大事なのが、ドッグトレーナーなどの専門家に相談するということです。
犬を叩くというのは、本当に例外的なしつけです。
そのため、自己流でやらずに専門家の指導を受けた方が良いです。
そのうえで最低限に、効果的なやり方で行ってください。

散歩のお悩み

犬の散歩についてお悩みを抱えている飼い主さんが意外と多いようです。

・ぐいぐいとやたらに引っ張る
・好き勝手な方向に行きたがって、真っすぐ思うように歩いてくれない
・道に落ちている物を何でも拾い食いしようとする

お悩みの多くはこのような理由のようです。これらのお悩みをまとめて解決するには、リーダーウォークをマスターするほかありません。
リーダーウォークとは、犬が飼い主さんの横に寄り添いながら歩く事をいいます。成犬でも飼い主さんが諦めずに根気よく教えていけば、犬は必ず覚えてくれますので挑戦してみてください。

リーダーウォークの練習

早速犬を連れて散歩に出ましょう。いつもように犬が引っ張りはじめたら、禁止のコマンドを出して飼い主さんはその場で立ち止まりましょう。
そして犬を近くに呼び寄せます。犬が近くにきたらすぐに褒めてあげてください。飼い主さんに褒められると犬は喜びますので、ひとしきり褒めた後は散歩を再開します。
歩き始めてまた犬が引っ張ったり、真っすぐ歩かないような様子をしましたら、再び禁止のコマンドを出して立ち止まります。
そしてまた犬を近くまで呼び寄せて、飼い主さんのそばにきたら褒めます。これを何度も繰り返します。
単純で難しい事は何もない作業ですが、この歩いては止まりの連続は飼い主さんにもかなりの根気を必要とします。
普段のお散歩よりも時間も要しますが、焦ったりせずに行ってください。
また、犬の集中力は10分~15分程度しか持ちません。1回の練習時間はその程度にし、続きはまた翌日やその日の次の散歩の時間にするようにしてください。
時間があるからといって、1回に長時間練習をしても犬の身にはつきませんのでご注意ください。

実演動画を参考にする

リーダーウォークの練習をしている動画はたくさん出回っています。犬種も月齢も様々な犬の練習風景がネットには数多くアップされていますので、「犬 散歩 動画」や「リーダーウォーク 動画」などと検索して、ご自分の犬に見合った動画を参考にするのもよいでしょう。
実際に練習している風景を見る方が、飼い主さんもイメージしやすいのではないかと思います。
ただし、犬にも覚えの早い子や遅い子など様々います。動画と同じようにやっていても、同じ期間内で覚えてくれるとは限りません。
その犬のペースに合わせて、無理のない範囲で練習をするようにしてください。

散歩の主導権を握る

散歩の最中に主導権を飼い主さんが握るのは当然の事ですが、出る前からも主導権をしっかりと握っておくようにしましょう。
毎日散歩の時間が決まっている場合、犬もその時間が近付くとソワソワし始めて散歩を要求するような仕草を見せたりします。
犬にせがまれると、飼い主さんも時間を見て多少早くても散歩に出てしまうと思いますが、それでは散歩に行く主導権を犬が握っている事になってしまいます。
散歩の時間はランダムにして、どんなに犬がせがもうと飼い主さんが行くと決めた時間以外には行かない事を徹底してみてください。
そうすると、散歩は飼い主さんが決めた時間に行くものだと犬は理解するようになります。
リーダーウォークの練習をする前に、まずは犬の意識付けをしていくのも大切な事です。

ドッグトレーニング
ドッグトレーニング

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

犬

吠える犬のしつけに無駄吠え防止首輪は効果的か?

犬

犬には首輪とハーネスどちらがいいの?

NO IMAGE

日本インストラクター協会口コミ評判

犬のトイレのしつけ・トイレシートの効果的な使い方

成犬のしつけ

犬に英語でお手のしつけをする。教える際に注意すべきこと

子犬のしつけ

犬のしつけ 子犬の甘噛みを直す方法