散歩のときに歩かない犬や玄関のチャイムに無駄吠えする犬のしつけ方法

犬

散歩中に立ち止まる犬

それまでは普通に歩いていたのに、突然立ち止まってしまう犬がいます。どんなに引っ張っても足を突っ張って動かない犬や、時には座りこんでしまう犬もいます。
何故動いてくれないのか飼い主さんは困惑してしまうのではないでしょうか。
本当に具合が悪くてうずくまってしまう事もあるかもしれませんが、そこに行くまでは普通に歩いていたのですからそんな事は本当に稀です。
ほとんどの場合は、飼い主さんに構って欲しかったり、自分がこうすると飼い主さんがどんな行動に出るのかを試していたりするだけです。
ここで飼い主さんが、抱き抱えてあげるとそれは犬の思うつぼです。味をしめてこれから何度となく歩かなくなってしまいます。
わがままをすれば飼い主さんが言う事を聞いてくれる、抱っこしてくれるという認識を付けさせてはいけません。そうならない為にも、犬が散歩中に動かなくなったらどうすればいいかを覚えておいてください。

犬が立ち止まってしまったら

先にも書きましたが、散歩中に犬が急に立ち止まって動かなくなるのは飼い主さんの行動を確認している事がほとんどです。
そんな時、「どうしたの?」などと優しい声をかけながら抱き上げてしまう飼い主さんがきっと多いと思います。これは一番NGな行動です。
単なるわがままから来る行動を容認してしまうと、犬はこれからも頻繁に同じ行動をするようになってしまいます。
犬が立ち止まって動かない時には、優しく声をかけたりせずに、あくまでも冷静に「行くよ」などと一言だけ言って、前に進みます。足を踏ん張って動かなくても、少しずつリードを引っ張ってあくまでも前に進む対応を取り続けてください。
そのうち犬も、わがままを言っても無駄なんだなと理解してくれます。
既に抱き癖が付いてしまっている犬の場合ですと、この方法は飼い主さんと犬の根競べになります。犬に負けないように頑張ってください。

子犬の場合

お散歩デビューして間もない子犬の場合でしたら、散歩中に動かなくなってしまうのは普通の行動といえます。
子犬にとって外の世界は、分からない事や知らない事が多過ぎます。子犬の立ち止まりは恐怖から来るものが多いです。
子犬の場合に限っては、「大丈夫だよ」と声をかけて安心をさせながら、リードを軽く引いて歩き出しましょう。成犬同様に抱き上げる事はしません。
子犬の大好きなおもちゃを散歩の時に持参して、それを鼻先にちらつかせて歩かせるのも方法の一つです。

怖がっている様子を見せたら

特に子犬にある事ですが、立ち止まってぶるぶる震えているような、恐怖からくる行動だった場合、その同じ場所で何か恐怖を感じる事があったのかもしれません。
知らない人に急に声をかけられた、初めて会った犬に吠えられた、など何か嫌な事を思い出している可能性もあります。
そのような場合は、外の世界に慣れてくれば自然とその恐怖もなくなっていきますので、しばらくはそこの道は通らずに、別の道を選んでお散歩をしてあげてください。
外に慣れてきた頃にまたそこを通ってみたら、その頃には恐怖すらなくなってる事がほとんどです。
怖がっているのに無理に慣らせようとすると、逆効果になる場合もありますのでお気を付けください。

玄関チャイム無駄吠え予防策は、子犬のうちに習得させる

犬を家族に迎え入れた時、非常に優先順位の高いしつけに「玄関チャイム」の無駄吠え対策があります。

このしつけは、オスワリやマテを教える事よりも、優先して教えるべき項目ですが、実は多くの家庭でその取り組みがされていません。その為、成長後に玄関チャイムが鳴ると大声で

吠えたてるという問題行動が頻発してしまうのです。

このしつけが優先順位の高い項目とされる理由は

〇ブリーダーの犬舎、ペットショップと子犬のこれまでの生活では耳にしたことがない生活音だから

〇玄関チャイムがなると、途端に飼い主が慌ただしく動きだすので、子犬も加勢しようと勘違いをしやすいから

〇玄関チャイム、他人の来訪と子犬にとっては縄張り侵入ともとれる結果が生じるから

です。つまり、玄関チャイムが鳴るという事は、子犬にとって看過できない事態が起きる前触れだという事です。

しかし、日常生活において、玄関チャイムがなるタイミングを事前に予測する事は難しいため、対処法としては子犬の警戒心を払拭するという方法が適切と言えます。

その為には、

〇犬を家族として迎え入れたその日からトレーニングを始める

〇玄関チャイムの音をCDなどでランダムの再生し、危険が生じない事を理解させる

〇玄関チャイムが鳴った時、どのような行動をとるべきかを教える

という方法が効果的です。

玄関チャイムをおやつの合図とするしつけ法

犬を家族に迎えたら、その日から玄関チャイムのしつけを始めます。

その準備として

〇犬の行動可能エリアを家族で決めます。

〇犬の待機場所を決めます。

この2点は、犬の行動範囲を住居のどの範囲までとするかという事です。基本的に、犬は玄関付近まで自由に出入りできないように策やゲートを設置する事が望ましいものです。

不意の来客で玄関を不用意に開けてしまった時、宅急便の荷物受け渡しの際など愛犬が玄関付近まで自由に出入りしてしまうと、思わぬタイミングで屋外へ逃げてしまう場合や来客に飛びついてしまうこともあります。

また、無駄吠え癖のある犬の場合、激しく吠えたてる事で玄関から追い出そうと躍起になります。

その為、愛犬の行動範囲は玄関の手前、玄関が見えない場所までと制限する事が必要です。

また、憶病な性格、攻撃的な性格の場合は玄関チャイムが鳴る事で愛犬が動揺してしまいます。音がすると同時にどの場所へ退避すべきかを教えると、スムーズに無駄吠え対策が出来ます。

この場所とはサークルやキャリーケースです。一時待機の場合はキャリーケースでも十分です。

玄関チャイムが鳴ると同時にサークルへはいるように教えます。玄関チャイムが鳴ったら、飼い主は玄関へ向かう前に、「ハウス」と愛犬に声をかけ、愛犬を退避させ、ハウスが出来た事でのご褒美を与え、その上で玄関に応対に向かいます。

この手順を繰り返していくと、次第に愛犬が流れを理解し、音がなると同時にハウスが出来るようになります。

愛犬が自らハウスへはいらない場合は、抱き上げ、ハウスへ入れ、ご褒美を与えるという流れで誘導します。決して叱らない、怖がらせない事もポイントです。ハウスで待機していれば、ご褒美がもらえると愛犬に前向きに理解させます。来客の場合は、帰宅するまでハウスで待機させておくことも出来るので、このしつけは家庭のルールとしてしっかりと習得させましょう。

ドッグトレーニング
ドッグトレーニング

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

犬

ドッグトレーニングアドバイザー口コミ評判

犬のしつけ

犬がトイレシーツを破る時のしつけ方法と失敗する理由

犬

散歩中に吠える犬のしつけ方法と英語のコマンド

犬

犬がトイレで寝る…やめさせるためにできるしつけ

犬

犬のトイレを外でさせるようにしつける方法

犬の嫌がる音とは?音に慣れさせるためのしつけについて