子犬と成犬のトイレのしつけと噛み癖の直し方

子犬のしつけ方法

犬にとって排泄は何処でしても同じ

愛犬がトイレを覚えないとイライラしてしまいますが、人間と違い[トイレ]という概念が無い犬にとって、排泄したい場所がトイレであり、気に入った場所がトイレなのです。

このように、トイレの概念が無い犬に人間が指定した場所で排泄させるには、「ここで排泄したら良いことがある」「ここでしたい」と思わせることが大切であり、犬が自らそのトイレで排泄したくなるように人間が仕向けていく必要があります。

犬がトイレを覚えない、余所で排泄してしまう原因

①トイレが原因

トイレトレーが小さくて排泄しにくい、トイレシートが汚れているなど、トイレが原因で排泄を嫌がることがあります。

トイレトレーは愛犬より一回りほど大きく余裕のあるサイズを選び、トイレシートは排泄したらすぐに取り替えることで清潔を心掛けて下さい。

また、トイレシートの感触や、匂い付きの物ならば匂いが嫌な場合もあるため、トイレシートを違う物に交換してみるのも良いかもしれません。

②敷物が原因

犬は、水分がしみ込みやすい場所を、踏んだ感触で判断して排泄する習性があるため、絨毯などの敷物があれば、そこに排泄する可能性が高くなります。

同じ様に、ケージ(サークル)内の犬の寝床が布でできている場合なども、寝床で排泄してしまうことがあります。

トイレトレーニング中は、室内の敷物を取り除くか、犬を敷物に乗せないようにしましょう。

また、寝床で排泄してしまう場合は、寝床をクレートにすることをお勧めします。

③室内フリーが原因

トイレを完全に覚えていない状態で犬を室内フリーにしてしまうと、トイレに行かず、別の場所で排泄する可能性があります。

トイレトレーニング中は、飼い主さんの目の届く範囲に犬を離し、留守中は犬をケージに入れましょう。

④褒美の与え方が原因

せっかくトイレで排泄しても、飼い主さんがきちんと褒美を与えなければ、犬にとって、[トイレでする意味]がなくなります。

犬がトイレを覚えるのは「トイレに行くと良いことがある」「褒めてもらえる」からであり、しつけの際は、タイミング良くきちんと褒めることが大切です。

⑤叱ったことが原因

トイレを失敗した際に飼い主さんに叱られたことにより、犬が[排泄自体]をしてはいけない行為だと思い込んでしまうことがあります。

しつけの基本は成功したら褒める、失敗したら[無視]をすることです。

無視は、犬にとって十分懲らしめる行為になるため、トイレを失敗したら何も話しかけず黙々と掃除をして下さい。

トイレトレーニングのやり方を見直す

①犬を時間毎にケージ内のトイレへ誘導し、扉を閉めます。

②犬の排泄を促す[ワンツー、ワンツー]などの号令をかけます。

③トイレが成功したら、褒めてケージから出して遊んであげましょう。排泄できなければ、暫くケージ内に居させて下さい。

この、①~③を繰り返すことが大切です。

ポイント①愛犬の排泄のタイミングや仕草をメモしておく

犬によって、排泄のタイミングや排泄の際にする仕草(クルク回る 匂いを嗅ぐなど)が異なるため、その都度メモしておくと誘導のタイミングが分かりやすくなります。

ポイント②思い切り褒める

褒める時はタイミング良く大袈裟なくらい思い切り褒めて下さい。おやつを与えると更に効果的です。(※おやつは後々与える回数を減らしていく必要があります)

大切なのは、トイレを失敗した時と成功した時の[飼い主の対応の違い]を犬に理解させることです。

犬が何かを噛むのには、子犬の場合や成犬の場合によっての違いや犬それぞれの色々な理由があります。

今回は噛み癖の原因を子犬と成犬の場合に分け、それぞれのしつけ方を紹介します。

子犬が噛む場合の原因や理由

子犬がじゃれて人手や足を噛むのは、遊びの一部であったり、人の気を引きたいが為の行動であったりする場合がほとんどです。

また生後半年前後の歯の生え替わりの時期に、歯がむずがゆくて何かを噛んでしまうこともあります。

しかし、小さな子犬のうちは多少噛まれても痛くはなくても、そのまま成犬になっても噛み癖が直らないと大怪我に繋がることがありますので早めのしつけが必要です。

子犬の噛み癖のしつけ方

遊んでいて興奮し、噛みつきにくる場合には噛み始めたらすぐに立ち上がって子犬との遊びを止め、無視して立ち去ります。

これを繰り返し「噛んだら遊ぶのはおしまい」と教えることで、人を噛むと遊んでもらえなくなるという事を学習させます。

また同時に噛んでも良いおもちゃを与え、人の手や足ではなく噛みたそうにした時はそれを与えるようにしましょう。

成犬が噛む場合の原因や理由

成犬が噛む理由を探すのは少し難しくなります。

ほとんどの場合が子犬の時のしつけに失敗し、人間の手は噛んで良いものと認識しています。

そして噛むパターンもいくつかあり、興奮しすぎて勢いのあまり手や足を噛んでしまう場合や、人に触られる事やオモチャを取られるのが嫌で噛む場合、人や周りの環境に慣れずに怖くて噛む場合など、どの場面で噛み癖が出るのかは犬によって違いがあります。

できれば原因となるものを特定し、それに合わせてしつけをしていきましょう。

成犬の噛み癖のしつけ方の基本

まずはどんな犬も、基本的な接し方を見直し、犬との信頼関係を築くところから始めましょう。

犬にとって、人間は強く信頼されるリーダーであることが大切ですので、普段犬と過ごすときには犬よりも人間を優先にします。

たとえば玄関から外に出るときは、犬を先に出させずにマテをさせておいて人間が先に出る、部屋のソファに犬が座っていたら、必ずおろしてから人間が座るなど、ささいな事でも人間を優先させる事で、犬に自分が下位であると認識させます。

そして遊びの前や食事の前には、オスワリやフセなどの服従訓練をして、犬との信頼関係を築きましょう。

成犬の噛み癖のしつけ方の応用

実際の噛み癖のしつけ方についてですが、興奮して噛む場合にはできるだけ興奮させないような遊び方や、興奮して来たときにはオスワリなどをさせてクールダウンさせ、従ったところで褒めてあげるのが効果的です。

手を出す時や、オモチャを触ろうとすると噛む犬に対しては「マテ」をしっかり教えましょう。

マテでしっかり我慢できるようになったら、徐々に手を出してみる、オモチャに触ってみるなどして慣れさせていきます。

最後に怖くて追いつめられると噛んでくる犬の場合は、できるだけ追いつめる状況や怖がる物を作らないようにし、色々な音や環境に少しずつやさしく接しながら慣らすことで、犬が怖がる物を減らしていきましょう。

特に成犬の場合は無理にしつけをしようとすると怪我をする場合があります。

対応が難しい場合には、無理に自分だけでしつけしようとせずに、その犬に合ったしつけ方を、訓練所やしつけインストラクターに相談してみるのが良いかもしれません。

ドッグトレーニング
ドッグトレーニング

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

犬の食事の順番のしつけ

犬のトイレのしつけを成功させる方法

犬

犬のしつけの基本・トイレのしつけ方

犬のトイレのしつけは何故必要か

犬

犬のトイレトレーニング、しつけ方

犬を叩くしつけは間違い

英語で行う犬のしつけと基本のフレーズ

犬

犬に食事を与える順番と吠える・唸る・噛む犬のしつけ方法7選