今日から始める犬のしつけ・トイレトレーニング編

犬

犬のトイレトレーニングは子犬のうちに

ご家庭に犬を迎えてからまず最初に行うしつけがトイレトレーニングではないでしょうか。

トイレは毎日のことで一生続きますので、最初にきちんと覚えさせましょう。

よく、「トイレトレーニングは子犬のうちにさせた方が良い」と言われます。

トイレに限らず、しつけは子犬のうちの方が入りやすいです。

人間もそうですが、子犬の方が柔軟で覚えが早く、成犬と違ってそれまでの習慣などもありませんので、素直にしつけが入りやすいのです。

トイレトレーニングに関して言えば、子犬の方が排泄回数が多いため、単純にしつけのチャンスが多いことも有利と言えます。

犬のトイレトレーニングはなるべく早く、子犬を迎えたその日からでも始めましょう。

犬のトイレトレーニングの心構え

まず、犬のしつけの基本は「できたら褒めて、できなければ無反応でいること」です。

特にトイレトレーニングの時には、失敗しても決して叱らないでください。

叱ってしまうと、排泄すること自体がいけないことだと思ってしまう可能性があるからです。

もしも犬がトイレに失敗したら、何も言わずに無反応で淡々と片づけましょう。

そのかわり、きちんとできたらたくさん褒めてあげてください。

そもそもトイレトレーニングの成功への近道は、「なるべく失敗させないこと」です。

失敗をたくさんすると、失敗することに慣れてしまう場合があります。

できれば、「一度も失敗させない!」くらいの気持ちでやってみてください。

最初が肝心ですので、子犬のうちに頑張ってしつけておきましょう。

最初にトイレトレーニングに成功すると、その先の犬との生活がグッと楽になります。

トイレトレーニングの準備

犬のトイレトレーニングを始めるにあたって、最低限準備するものは以下の通りです。

・ケージ

・トイレシート

・掃除道具

ケージは扉の付いているものが便利です。

大きさは犬種に合ったものを用意しましょう。

大きすぎても小さすぎても、うまくトイレを覚えられないことがあります。

室内犬の場合は大抵トイレシートでトイレをさせると思いますので、こまめに取り替えられるように多めに用意しましょう。

また、すぐに掃除ができるように掃除道具もあらかじめ準備しておきましょう。

この他に、ケージの中を仕切るための仕切りや、犬の寝床として使うクレートなども必要に応じて準備すると良いでしょう。

トイレトレーニングの実践方法

犬のトイレトレーニングの方法にはいろいろなやり方があります。

今回は、失敗が少なく飼い主さんの負担も少ない方法を一つご紹介したいと思います。

まず、ケージを部屋の角などに置きます。

犬はもともと暗くて狭い場所が落ち着きますので、壁に接している場所や部屋の角にケージを置くことをお勧めします。

犬がトイレをきちんと覚えるまでは、ケージの中で生活させます。

狭くてかわいそうだと思うかもしれませんが、犬にとってはケージの中は安全な場所です。

慣れない環境に早く慣れるためにも、家の中で自由に動き回れるよりもケージの中での生活の方が良いのです。

ケージの場所が決まったら、全体にトイレシートを敷き詰めます。

全体に敷くことで、トイレシートの上でしかトイレできなくなります。

つまり、「トイレを失敗しない」ということです。

犬がトイレしたら、よく褒めてあげてケージから出してしばらく遊んであげましょう。

子犬のうちは、数分遊んであげるだけで大丈夫です。

遊んであげたら、汚れたトイレシートを交換してからケージに戻します。

トイレシートをこまめに交換することも重要です。

犬はきれい好きな動物ですので、一度汚れたシートの上ではトイレしないことがあります。

そうすると、トイレの場所が定まらずになかなかトイレを覚えられない原因にもなります。

しばらく続けていると、ケージの中のある程度決まった場所でトイレするようになってきますので、そこを犬のトイレに決めましょう。

飼い主さんがトイレの場所を決めるのではなく、犬に決めさせるのです。

トイレの場所が決まったら、少しずつトイレシートの範囲を狭くしていきます。

一度に狭くするのではなく、少しずつトイレシートを外していきましょう。

空いた場所は、犬の寝床やごはんの場所にします。

このとき、トイレシート以外の場所には柔らかい素材のものを置かない方が良いです。

犬は本来土の上や草むらなどの柔らかい場所でトイレするのを好みますので、トイレシート以外には柔らかいものを置かない方が成功しやすいのです。

最終的にトイレシート1枚でトイレできるようになったらトイレトレーニングは成功です。

ここまで来たら、徐々に犬の行動範囲を広げていって大丈夫です。

急に広げるのではなく、「徐々に」というのがポイントです。

トイレの位置も、飼い主さんの都合の良い場所に少しずつずらしていっても良いでしょう。 

トイレトレーニングは気長に取り組む

トイレトレーニングをしていてありがちなのが、もう覚えたと思って急に行動範囲を広げたらトイレに失敗するようになったということです。

必ず、「少しずつ」進めていってください。

もしも失敗してしまったら、一つ前の段階に戻ってまたやり直せば大丈夫です。

場合によっては最初からやり直した方が良いこともあります。

犬は頭の良い動物ですので、焦らず気長に取り組めば必ず成功できますので、ぜひ頑張ってみてください。

ドッグトレーニング
ドッグトレーニング

関連記事

犬の外でのトイレのしつけ

犬のしつけの困った!「トイレシートを食べる」

犬の首輪とハーネスの違い

どうして?散歩に行っても歩かない犬のしつけ方

成犬のトイレのしつけ方法

成犬のトイレの効果的なしつけ方法11選

犬の散歩のしつけ

犬のトイレトレーニングの基本としつけ方

犬を叩くしつけは間違い

犬がトイレを覚えてくれない!正しいトイレのしつけ方6選

犬の食事の順番のしつけ

犬に家族の「順番」を教えるべき。家庭内序列の考え方、接し方