どうして?トイレで寝てしまう犬、その理由としつけ方

犬が寝室ではなく、トイレで寝てしまうことがあります。

中には排泄物があっても平気で寝てしまう犬や、寝室の敷物やベッドに排泄をしてしまう犬もいるようです。

犬がなぜトイレで寝てしまうのか?原因は?しつけはどうすれば良いのでしょうか?

トイレのレイアウトが原因の事も

特に子犬の場合は、トイレと寝室の区別がつかない為、どこでもトイレにしてしまう場合があります。

犬の生態として、本来犬は巣から離れた場所をトイレにしますが、これは自分の巣を外敵に知られないようにする為の工夫です。

その為、部屋でのトイレのレイアウトはできるだけ寝室から離してあげた方が、区別が付きしつけがしやすくなります。

ただしそこまでのスペースが確保できない場合は、寝室とトイレの間に仕切りや段差をつけることで変化をつけましょう。

トイレの選び方

次にトイレの大きさや素材が、犬にとって寝室よりも寝心地が良くて寝てしまう場合があります。

特にトイレシートがむき出しの場合、排泄前のシートはサラサラとしていて気持ちが良く、犬が寝る場所として好んで選んでいる事があります。

その場合は網を載せてシートを覆うタイプのトイレや、シートに排泄を誘因するにおいのついたものなどに変えてみる、また新聞紙等別の素材にすると良いでしょう。

寝室の選び方

トイレを選ぶのと同時に、寝室の選び方も重要です。

犬によっては、寝室の寝心地が悪いためにトイレで寝ている場合もあるからです。

人間の体感に合わせた室温だと、被毛を持つ犬にとっては暑すぎる為、フカフカのベッドや熱がこもるようなものだと寝心地が悪く、涼しいトイレシートの上で寝ているのかもしれません。

またベッドや敷物の素材が好みではない事もありますので、フリース、タオル地、ガーゼ等好みのものを探してあげましょう。

犬は冬場でも人間が思うほど寒がる事はありません、犬種にもよりますが20℃前後あれば十分過ごせますから、寝室やトイレの場所の室温などにも注意しましょう。

寝室に排泄をしてしまう場合

敷物やベッドの素材や形状がペットシートに似ていたり、排泄をしやすいものになっていないか確認してみましょう。

また一度排泄のにおいがついてしまうと、その場所をトイレだと覚えてしまうので、失敗ししまったときはしっかりと洗ってにおいを消しましょう。

何度も失敗してしまう場合には、寝室には何も敷かない、ベッドを置かない方が良いかもしれません。

クレートを使ってみる

成犬で排泄のタイミングがわかっている犬の場合、夜間や留守番の際は排泄を我慢させることも一つの対策です。

その際に広いケージや室内に放しておくのではなく、犬の大きさに合ったクレートで寝させる、留守番させる練習をすると良いでしょう。

本来犬は巣穴で寝る動物なので、周りから見えずに暗い状態になるクレートは落ち着く寝場所になります。

クレートを使うことでトイレの場所との区別も付きやすくなりますし、病院や旅行に行くときにクレートに慣れていた方が連れ出しやすくなるメリットがありますので、普段から使うことをオススメします。

犬が寝室ではなく、トイレで寝てしまう場合の原因や対策には、様々な理由や解決方法があります。

まずはしっかりと自分の犬を観察して原因を掴み、犬が快適に暮らせるような環境を作り、解決していきましょう。

ドッグトレーニング
ドッグトレーニング

関連記事

犬の嫌がる音とは?音に慣れさせるためのしつけについて

犬の外でのトイレのしつけ

犬の無駄吠え 電流の流れる首輪は使用すべきか

子どもが犬をしつける方法

英語で犬をしつける方法10のポイント【子どもでも簡単にできる!】

犬のトイレ

犬の散歩をより楽しむ為のしつけと工夫

犬

犬が唸る場合のしつけ方法と首輪とハーネスの違い

成犬のトイレのしつけ方法

成犬のトイレの効果的なしつけ方法11選